テーマ:エッセイ

中古書店にて

「古書店」というのと「中古書店」と言うのでは少しニュアンスが違ってくる と思う。今回書くのは漫画やゲームソフトなども売ってある「中古書店」の 方である。 僕は段ボール箱に詰めて持ってきた本やDVDの買い取りしてもらいに来ていた。 査定を待っている間に漫画本がぎっしりと詰まった本棚の前にいた。 鳥山明の本があった。ある作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧友と再会

高校時代以来の友達と会った。 彼は海外に住んでおり、用事があっての一時帰国だった。 故郷の街で会い、食事をしているうちに母校近辺を歩くことになった。 変わりゆくもの、変わらないもの。いろいろある。 ただ、変わらないのは母校が今生きている人生のゼロ座標ではないか と思う事だ。友達もそれに同意した。ここがスタート地点だと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠

やはり睡眠は最低でも7時間無いと心身の調子が良くないようだ。 ナポレオンのように3時間睡眠でもやっていける人も実際にいるという。 身体のつくりが違うのだろうか? 良い睡眠は人生の快楽の一つではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月が終わった。

月の半ばから風邪を引いて、2月1日の今日もまだ引いている。 内科に行った。耳鼻科にも行った。でも治らない。 部屋を暖かくして、いつもより長く眠ったのに治らない。 でもさっき市販の風邪薬を飲んだら急に頭痛やら鼻水やら鼻づまり やら腹痛やらがおさまった。市販薬が一番効いたというのは偶然なのか 一時的なものなのか。 なんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2015年もぼちぼちと

いろいろあった2014年。2015年もぼちぼちと歩んでいこうと思います。 禍福はあざなえる縄のごとし 七転び八起き 人間万事塞翁が馬 そろそろ、いいことがあってもいい頃でしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Everything's gonna be alright.

I sometimes feel anxiety what has not happened yet. I feel insecure then, but also realize it's only a groundless fears. I remember the phrase "Everything's gonna be alr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しく、早朝に起床。(午前4時前)

現在、午前4時前。こんなに早く目が覚めたのはいつ以来だろう。再び眠ることも考えたがせっかく早く起きたのだから何かしようと思った。「早起きは(たった)三文の得(にしかならない)」というのが持論だが、昨夜遅く食べたせいか胃、というよりは背中側が痛い。調子に乗って食べるからだ。さて、朝までどうしようか。静かに本を読むには頭が冴えていなさすぎる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスターミナルにて

写真からも暑さが伝わってくると思いますが、今日の日中は30℃を越えていました。晴天だったものの、日本の夏らしい湿気のあるじわじわと汗が出て来る日でした。しかし、日陰に入ると少しは涼やかな風が届いただけ、まだ真夏の暑さにはなっていないことを感じるのでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「た。」

ある有名な作家のエッセイを読んでいた。高齢の著者の書く文章で、知らないことばかりなので興味が尽きない。しかし、あるページに書かれてあったのは「た。」の2文字。以下余白。 「ならなかつた。」の最後の「た。」なのだが、そのページにはたったそれだけなのである。余韻を楽しめばいいのか、紙が勿体ないと思えばいいのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年元日

今年はいい年にしたいです。 やるべきことや課題も多いけど、1つ1つこなしていくしかありません。 穏やかな1年に。そして、緩やかにでも前に進む。 そういう年にしたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『運転免許、携帯電話、その他』を持っていない」ということを自慢気に語る人について

実によくあることなのだけど、東京在住の文化人の書いた文章を読んでいると「自分が自動車の運転免許も携帯電話も(その他)も持っていない」ということを、半ば自慢気に書いている人がいる。 僕も関西の電車が頻繁に行き交う都会の下町育ちなので「電車や公共交通機関が当たり前のように存在していること」をごく当たり前のように感じて育ってきた。しばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エッセイをちびりちびり読む

酒をちびりちびり飲む人はいるが、エッセイもちびりちびり読むことができる。蘊蓄とウィットに富んだエッセイならば一気通読するには惜しい。今夜も優れたエッセイの一章を読んで眠りたいものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふらふらな一日

まっすぐ歩こうとしてもゆらゆら左右に揺れてしまう。わざとやっているわけではない。それをとがめる上司。好きでやってんのとちゃう! 「体調を自己管理しろ!」って、ここ最近のストレス性胃潰瘍にふらふら感覚に徐脈に・・・。 どうやって「自己管理」すんねん! ええ加減にしてくれー!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

踏まれたり蹴られたりの一日

「踏んだり蹴ったり」ということばがあるが、あれは正しくは「踏まれたり蹴られたり」ではなかろうか。素足で何かを踏んでしまったり、蹴ってしまった時代の言葉かもしれない。しかし、今日は「踏まれたり蹴られたり」の一日であった。 どうも昨日から身体のバランスがおかしい。頭がクラクラしたり、めまいがしたりするわけでも、酔っ払いの千鳥足でも無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

評論家を評論してみる

日曜の朝といえば、政治家や政治評論家が意見を交わすTV番組がある。僕は見ないのだが、ちょっと気になったことがある。この「評論家」という肩書きである。世の中にはいろいろな職業があるが、世の中の様々な事象について評論する評論家がいる。「政治評論家」「経済評論家」「文藝評論家」。その分野に精通していて、政治家なり、経済界の大物なり、作家なりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬ぞりレース

よく、寒い国や北海道なんかで犬ぞりレースの様子がテレビなんかで映し出される。ハスキー犬とかもっと大きくて強そうな犬が10頭以上で引っ張っていく。 あれ、他の犬種だとどうなるんだろう? 柴犬50匹 パグ200匹 チワワ10000匹 無理かなぁ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心のガス欠

お医者さんに言われました。 「心がガス欠を起こしているのに、無理に走り続けようとしている。」と。 内科医によると、吐き気もお腹の不調もみんなストレスから来ているとのことで、血液検査はほぼOK。内科的には腫瘍マーカーも何も無いし、レントゲンも綺麗なものだとのこと。 吐き気止めの薬を点滴してもらい、錠剤も飲んだので先ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくぶりのブログ更新

いろいろありましたが、無事、生きています。 体重が今月だけで7kgほど減ってます。 食欲というか「食べたいなー」という気はあるのですが、胃が受け付けてくれず、胃痛やら不快感に悩まされています。ゼリー飲料とスポーツドリンク、ドリンク剤がお友達です。 昨日はひさしぶりに、うどんを食べました。「うどんってこんなに美味しかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Life is hard, right?

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の2009年のドキュメンタリー映画『THIS IS IT』(原題:Michael Jackson's This Is It)の冒頭、DVDでいうと2分40秒過ぎに若い男性が短く言葉を言う。ダンサーだろうか、スタッフだろうか。 “Life is hard, right? I'…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂場ですっ転ぶの巻

ちょっとばかし残業したのち、しんどさのあまりにコンビニにも寄らずに帰宅。 風呂に湯を張って入浴し、浴槽から出ようとしたところでバランスを崩してすっ転んだ。幸い、手すりのようなものに手が届いたので、わずかに打撲しただけで済んだ。しかし、風呂場で転ぶと精神的にもダメージが来る。夕食を食べる元気もなく、とりあえず横になっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夜中日記 ~数時間、眠ったあとに~

午後8時ぐらいから4時間ほど睡眠。浅い眠りのときは何か変な夢を見るのが恒例になっているが、やはり見てしまった。職場の研修ではないんだろうけど、何かの研修で無理難題が降りかかってくる夢だ。自分はどういうわけか傍観者的立場でみんなにアドバイスを送っている。自分の問題は棚に上げているような感じだった。その中で、僕以外の人の一部が会議室のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校の同窓会があった。(on December 26, 2009)

 先日、高校の同窓会があった。来春で卒業20年になる記念との、発起人の言葉である。20年とは重い。生まれてから高校を卒業するまでの年月を、それからの年月がをもうとっくに超えてしまったのだ。これからはそれがどんどん拡大していくことになる。僕にとって高校時代は楽しくて仕方がない時期だった。しかし、人付き合いも立ち回りも何もかもへたくそだった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

揺れる歩道橋(神戸三宮そごう前)

神戸・三宮のそごう前の歩道橋は微妙に揺れる。幼い頃から「そういうものだ」と知っているから何とも思っていなかったのだが、久しぶりに渡ってみて細かに揺れる歩道橋の感覚が愉快に感じられた。駅とそごうを結ぶこの歩道橋の中央は花壇になっていて、一応歩行する方向で分かれているとは思うのだが渡り方は自由だ。東側の道路の地下では阪神電車の三宮駅の工事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転免許証の更新

 運転免許証の更新をしに、試験場まで行ってきた。仕事が珍しく、平日が休みだったのでここぞとばかりに行くことにした。ゴールド免許だったので5年ぶりの更新であった。午前のうちにすべて済ませてしまおうと、自宅を早くに出た。休日なのだからもっとゆったりと構えていてもよかったのだが、どういうわけか平日よりも早く出かける。  平日ということもあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more