テーマ:

南波六太「人ってさ・・・何のために生きてるって思う?」(小山宙哉『宇宙兄弟』より)

南波六太「人ってさ・・・何のために生きてるって思う?」 (小山宙哉『宇宙兄弟』 講談社「モーニング」2014年No.36/37合併号より)  人気漫画の連載誌の最新号での台詞である。この作品を楽しみにしている読者も多いだろうから、主人公の六太(ムッタ)がある場面で、ある人物に尋ねたこの言葉のみを引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私には夢がある」 キング牧師の演説から50年、米首都で集会~Do you have dreams?

“I have a dream.” キング牧師の声を聴くと、5回に4回は体中に鳥肌が立つ。魂まで言葉が通ってきたかのように言葉は響く。 今、バラク・オバマ大統領が2期目の政権を迎えている。オバマ大統領だけでなく、世界の、日本の声を発する人々の声に耳を傾けよう。我々は情報の洪水の中で言葉の重さを忘れていないか。言葉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜見た夢

 昨夜から今朝にかけて、前回はいつだったか記憶にないぐらいの爆睡をした。 1本目は完全に熟睡。夢も見ずに夜の11時ぐらいから朝8時まで眠った。一度起き上がろうとしたが、睡魔に襲われて二度寝。  2本目。神戸の山麓にあるような長い坂を歩いて下ろうとして、U字カーブを右に曲がった。最後の大きな坂は広く、見渡しもいい。この坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た変な夢

かつて住んでいた街を車で訪れた自分。ところが街の中心部に行く道が閉ざされている。「先の大水害で道が寸断されているので、迂回してほしい」とのこと。しかし目的地まですぐなので、空き地に車を置いて歩いて進もうとする。眼下に広がる水害の後。なるほど、これでは道も通れない。 行く先々で見知った人々と会い、声をかけるのだがみんな元気そうだ。臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た変な夢

 またまた変な夢を見た。  今回はちょっとサスペンス・ホラー的な夢だ。  僕は気がつくとポートライナーの三宮駅のホームにいた。そして右手には車輪のついた箱形のカート。それが嫌に重いのだ。上に大きな袋を乗せている。中身を確認したらそこには首無しの人間の身体が!  よくよく見てみると、それは自分だ。体格、来ている衣類など間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今朝見た変な夢

時々変な夢を見る。 僕は大きな野外特設ステージのライブ会場にいた。なぜかステージの上で、何故かギタリストである。夢の中でも自分がギターを全く弾けないことを自覚していて、その場にいていいのかどうか戸惑っている。そうこうしているうちに演奏が始まってしまう。ボーカルが歌い出す。仕方無く僕も手を動かすがでたらめだ。大観衆は盛り上がっている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

先日見た夢の話

 僕は寄席に来ていた。しかし、その日は前売り券を買っておらず、当日券目当てに行ってみたのだけれど、当日券も完売していた。仕方無く、別の日を探そうと番組表のパンフレットを貰って別の日を探そうとしていた。しかし、チケット売り場で迷っているうちに時間が過ぎた。  場面はいきなり変わって、落語家の打ち上げの席に何故か僕もいる。落語家とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜見た夢の話

 僕はカウンター越しに、ホテルをチェックアウトするときのように何かをしていた。しかし旅行に行ったとか、ホテルに泊まったとかそういう状況説明も何も無しに「その手続きを早く終わらせたい」と思い焦っていた。何の手続きなのかはわからないが、ホテルのチェックアウトっぽい雰囲気であった。  場面は路面電車の停留所のような鉄道の駅に変わる。プラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今朝見た夢(2本立て)とその後の顛末

今朝、朝早く目が覚めてしまった。起きたのは4時。しかし身体が重くてどうしようもなく、すぐに二度寝した。 すると、眠りが浅かったのか夢を見た。 1本目は昔済んでいた住宅の向かい側の建物に落雷して建物が半壊する夢。稲妻は青白いものだが、夢の中では赤みがかった白さだった。建物の一部が崩壊して住民が驚いている様子が見える。しかし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短編小説の冒頭のような夢

風邪でしんどくて眠っていたら夢を見た。 短編小説の冒頭のような夢だった。 僕は故郷の山が見えるどこかの駐車場で、なつかしい人に会う。それが具体的に誰だか分からなかったが 昔なじみの人の声に似ていた。「ちょっとドライブにでも行かない?」と、昔のように誘われる。僕は二つ返事 でOKする。仮にAさんとする。 すると今度は駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた見た変な夢

昨日は久しぶりに親しい人に会って、楽しい時間を過ごせた。愉快に一日が終わるかと思いきや、様々なことが脳裏を去来してなかなか寝付けなかった。今年、もっとも寝付けなかった夜かもしれない。寝付きが悪いと夢を見るものだ。 オールカラーだった。快晴の暖かい一日が夢の舞台だ。知らない町の、駅前の緩やかな坂を歩いている。詳細は省くが、以前から気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また夢を見た

しかし、朝6時から二度寝をしてさっき目覚めたら内容は忘れていた。無駄に壮大な夢だったように思う。これで2日連続で夢を見たことになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝日記 ~久しぶりに悪夢を見た~

久しぶりに悪夢である。夜中、数回目が覚めたがそのたびに続きを見た。 僕はどうやら水害に巻き込まれたらしい。引っ越しを余儀なくされるのだが、故郷によく似た感じだ。僕はよくわからないつくりのアパートに引っ越すことになる。アパートいうより居酒屋の2階をぶち抜いた感じなのだが、ベッドやたんすなど家具は整っている。隣人は昔の同僚の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝日記 ~久しぶりに夢を見た~

長いこと熟睡できていたので夢を見なかったのだけど、今朝は珍しく真夜中に目が覚めた。2度目の眠りが浅く、どうやら夢を見てしまったらしい。夢とはいえ、ちょっと自己嫌悪に陥るような目覚めであった。 夢の中で僕は友達と待ち合わせをしている。ところが待ち合わせ時間になっても現れない。携帯電話が鳴って、急病で行くことができなくなったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た夢の話

僕は車を走らせていた。それほどスピードの出ない、海沿いの国道だ。北海道らしくなく、本州のどこかだろうか。ふと、海沿いの中学校の隣に公立図書館を発見した。建物は古く、公民館の一角と言ってもおかしくないようなものだが、なぜか気になって中に入ってみた。 司書(館員)はいずれも中年で男性1名、女性3名。言葉が自然に出てくることから関西地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝日記

昨夜はなんだか妙に眠たくて、9時ごろには眠っていた。眠るのが早いと夜中にいったん目が覚める。3時半ぐらいだったか。まだ眠いので再び眠りについた。 また夢を見た。 僕は漢字の書き取りをしている。レベルとしては高校中級ぐらいだろうか。B4の用紙を縦に使ってぎっしりと問題が書いてある。僕は必死にそれを解く。都合よく、わからない問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり夢をみていた

今朝は夢も見ずに起きたぞと思ったら、ちゃんと見ていた。 枕元の携帯電話のメールを確認したら、すぐに画面が消えてしまった。しばらくして、送り主に「全部メール読む前に誤って消しちゃったみたいなんだけど、もう一度メール送ってくれる?」とメールしたら、「え? 昨日、今日とメールなんて送ってないよ。大丈夫?」との返事。どうやら「消えてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた見た変な夢の話

僕は中学校の教室にいる。4階建ての建物の4階らしい。狭いグラウンドではジャージを着た運動部員がランニングしたり、何かの練習をしたりしている。 教室の中には僕と、教壇の向こうに老紳士が一人。1対1で何かの講義を受けている。とても中学校レベルの話ではなく、大学か大学院かの講義のようだ。相手も日本語を話すのだが、言っている内容は難しすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例によって夢の話です。

また例によって夢の話です。例によって山もなければオチもありません。 僕はどうやら高校生らしい。でも実際に学生時代に着ていたジャージではなくて今風のわりとかっこいいジャージを着ている。高校生1クラス分ぐらいと、中学生1クラス分ぐらいの人数がホテルか旅館の大広間みたいなところで話し合いをしたり、その後は食事会をしたりしている。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

先日見た変な夢

僕は職場のデスクのようなところで何かを仕分けている。真ん中に積んであるものを「これは右」「これは左」と何らかの規則性があるように仕分けている。何を仕分けているのかよくわからない。書類のようであり、箱のようなものであり。すべて真っ白で無地なので何なのか全くわからないが、夢の中の自分はそれが何であるかわかっているようだ。瞬間的に判別して左右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た夢の話(別に変な夢では無いのだけど)

今日見た変な夢。変というよりは何故そんな夢を見たのか、見た自分が不思議な夢である。 主人公は女性である。自分が、ではなくて今回は主人公が女性の舞台かドラマを舞台や家の中を再現したドラマセットの脇から眺めているのだ。しかも舞台にしてもドラマセットにしてもまだ稽古段階っぽく、スタッフが忙しく動き回り、演出家のような人が役者に指示を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近見た変な夢の話(毎度毎度よく見るもんだ)

例によって、最近見た変な夢の話です。 ラーメン屋の赤い暖簾をくぐると、カウンター1本だけの小さな店に4人の男がすでに座っている。男というよりは少年だ。それも四半世紀前の1980年代の「ツッパリ」たちである。ここらは過去にタイムスリップしたかのような、自分が『BE-BOPハイスクール』の出演者であるかのような錯覚に陥った。今の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近また変な夢を見るようになった

また最近、眠りが浅い。そして、変な夢を見る。 夢の中の話だが・・・  黒いワゴン車の中で夫婦と見られる男女と、幼い女の子2人が横たわって居るのが発見された。場所は繁華街近く。「無理心中?」「ただ眠っているだけ?」 野次馬が集まってきた。隣には屋台の焼き鳥屋。焼き鳥屋の親父が言う。「今日は客が来ねぇなぁ・・・。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に見た変な夢

夢の中で僕は車を運転していた。対向2車線ずつの直線道路だ。僕は右側の車線を走っている。すると対向車が急にセンターラインを超えて、僕の車に正面衝突しようとした! 「危ない!」 と思った瞬間に僕は何故かジョギングをしている場面に切り替わった。公園の外周みたいなところをはしっていて、ちょうど角の植え込みで死角があるところだ。反対の方向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な夢を今日も見た

昨日は胃の不快感も消えて、早い時間に眠りに入った。熟睡できた・・・はずだった。 途中、iPODのスイッチを切った以外は安らかに眠っていたはずだ。しかし、また変な夢を見た。 僕は親たちとどこかに泊まっていた。実家ではない。自宅でもない。吹き抜けで3階分ぐらいある、縦に伸びた部屋だ。上下の移動は階段があったり、梯子があったりする。一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も見た変な夢

昨夜もわけのわからない夢を見た。2本立てである。夢だから理屈に合わない部分や、妙に合理的な部分もあるのだがそれにしても変な夢だ。 (1本目) どうやら僕は東の方角から自分で車を運転してきたらしい。それを王子公園(神戸市灘区)の駐車場に駐める。なぜそこに駐めたのか、なぜ電車を使わなかったのかなど詳細は不明である。 僕は「三宮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変な夢ばかり見る

悪夢というか意味不明の夢2題 昨夜から今朝にかけて、2本の悪夢を見た。眠りが浅いときにはそんなものだが、内容が意味不明な上に苦しかった。 (プロローグ) 1回目の眠り。いきなり、自分のうめき声で目がさめる。何にうめいていたかは不明だが、とにかく苦しかったようだ。 (1本目) 天災でも何でもないのだろうが、やたら大き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイムカプセルの中の作文

今から28年前、僕が小学5年生の時に書いた作文などを入れたタイムカプセルが先頃、掘り出された。小学校の敷地に埋めたものだった。いつ書いたのか全く記憶に無かったのだけど、小学校5年生の時のものだった。故郷を遠く離れているのでその作文は友達が代わりに引き取って、送ってきてくれた。 そこには、こう書いてあった。 ・社会科が得意なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろばんの夢を見た

昨夜、例によって短くて浅い眠りのときに夢を見た。 どういうわけか僕はそろばんの有益さを誰かに説いている。相手が誰で、なんのために力説しているのかはわからない。確かにそろばんは有効だ。実は小学校1年生から2年生にかけてそろばん教室に通った経験があって、4級まで進んだところで引っ越しのためにそろばんを止めた。しかしそれ以降も暗算をしよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more