読書の秋、日本の秋。

台風が去ってから急に秋らしくなって、外はもうすっかり秋ですね。北海道ははや初雪とか。関西も秋が段々と深まっています。 読書する速さはわりと早いのですが、読みたい本が多くて処理能力を超えています。そして、「本を読む気」になるまでがまた長い。一番いいのはロングシートの電車(各駅停車でもいい)に乗って一心不乱に読むこと。でも電車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

先日見た夢の話

 僕は寄席に来ていた。しかし、その日は前売り券を買っておらず、当日券目当てに行ってみたのだけれど、当日券も完売していた。仕方無く、別の日を探そうと番組表のパンフレットを貰って別の日を探そうとしていた。しかし、チケット売り場で迷っているうちに時間が過ぎた。  場面はいきなり変わって、落語家の打ち上げの席に何故か僕もいる。落語家とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を奮い立たせる元気が無い。

がんばろうとする意思はあってもエネルギーが足りないときは、元気が出るまでやり過ごすしかない。僕にとって元気の源はなんだろう。どうしてもどうにもならないときは眠るしかない。眠ったらすべてが回復するようなRPGの世界のようにはいかないけれど、少なくとも別の一日が始まる。今日は早く眠ろう。 明日は明日でしなければならないことがあり、それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気分が落ち込んでいるので

しばらく音楽を聴く気にすらならず、ひたすらうずくまっていた。でも音楽が心の栄養になるかもしれないと思って静かな曲から聴きはじめている。まずはモーツァルトから。 外は台風12号で暴風雨。気晴らしをすることもままならない。だから、せめて音楽だけでも晴れ晴れとしたものを聴こう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙漁船第八繁栄丸

 宇宙戦艦があるならば、宇宙漁船があってもいいじゃないかと思った。  主人公は若き船長リョータ、弟のリュージと2人で第八繁栄丸を操る。主題歌はもちろん『兄弟船』(オーケストラバージョンで)。  と、構想を練っていたが、宇宙で何を獲るというのか。そこで今行き詰まっている。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昨夜見た夢の話

 僕はカウンター越しに、ホテルをチェックアウトするときのように何かをしていた。しかし旅行に行ったとか、ホテルに泊まったとかそういう状況説明も何も無しに「その手続きを早く終わらせたい」と思い焦っていた。何の手続きなのかはわからないが、ホテルのチェックアウトっぽい雰囲気であった。  場面は路面電車の停留所のような鉄道の駅に変わる。プラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

1杯のカフェオレから秋が始まる。

8月に初めてカフェオレをホットで注文して、秋の気配が僕の周辺にも漂い始めた。今日は二十四節気の「処暑」。暑さもこの辺りまで、という意味らしい。北海道から戻ってきて久々に関西の暑い夏を過ごしているが、今年は秋の訪れが早いのだろうか。それでもまだまだ暑いが、もうすぐ僕の大好きな季節がやってくる。秋は一年のうちで一番好きである。秋の関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと時代劇を!

『大岡越前』で榊原伊織役を演じた竹脇無我さんが亡くなって、思う。もっと時代劇を。僕らの世代は『水戸黄門』が当たり前で『桃太郎侍』『必殺シリーズ』『遠山の金さん』『大岡越前』『銭形平次』『鬼平犯科帳』などを見て育ってきた。 優れた時代小説、歴史小説がどんどん出てきているのだからもっと時代劇(歴史劇)をテレビや映画は作るべし。この文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ネタバレあり】吉田秋生『海街diary4 帰れないふたり』を読んだ。【ネタバレあり】

さて、収録された4話を読んでみた。細部にわたって事細かにここで報告するよりは「ぜひご一読を」という作品なので、細かくは書かない。 4姉妹のうちの誰に焦点が当たるかとなれば、やはり本作品の主人公(異論はあるかもしれない)である異母妹のすずだろう。すずは「自分が自分であること」「自分が存在していること」に対して懐疑的になっている。これ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【ネタバレなし】吉田秋生『海街diary4 帰れないふたり』を買った。【ネタバレなし】

発売日にゲットした。4話収録のうちまだ2話しか読んでいないのでネタバレも何もないのだが、いい作品だ。表紙を見たらわかるのでネタバレでも何でもないと思うので書くけれど、あの大銀杏はまだ立っています。一度生で見たかったな。 この話はいつか実写化「されてしまう」のだろうか? 僕は鎌倉とか江ノ島とかは映像や書籍で接するだけで行ったことはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TM NETWORKを聴いて人生について考える。

TM NETWORKを聴いていると、年齢とともにへばりついてきた「人生における余計なもの」がすべて解除されて、洗い落とされて、ティーンエイジだった頃の自分を思い出す。 当たり前のことを歌っている歌が、今の自分にはとても深く突き刺さる言葉だと思えることも。言葉の力は20年以上経っても力強い。歌は聴き続ける人と歌い続ける人がいる限り生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『大迷惑』と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『夜空ノムコウ』

ユニコーン(UNICORN)のシングル、『大迷惑』(B面は『服部』。すごいカップリングだ。)が発売されたのは1989年4月29日。いまだもって根強い人気を誇るユニコーンの大人気曲である。単身赴任を言い渡された男の悲哀を描くこの歌はアラフォーの今になってなお一層身に染みる歌詞となっている。 1989年の曲だから、この歌の主人公があの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸が全国に誇るチームが新たに ~INAC神戸レオネッサ(なでしこリーグ)~

神戸製鋼コベルコ・スティーラーズ(ラグビー) ヴィッセル神戸(J1) そして、「なでしこJAPAN」のメンバーが数多く所属する INAC神戸レオネッサ(日本女子サッカーリーグ「なでしこリーグ」) かつてはオリックス・ブルーウェーブの本拠地もグリーンスタジアム神戸にあり、イチロー選手や田口選手、本西選手、馬場選手らが活躍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは糸のような細い何かで繋がっている。頼りない砂州で繋がっている島と本土。凧糸ではなくてもっと細い糸で繋がっている人と凧。あるいは蜘蛛の糸で垂れ下がっている埃のようなもの。 僕は今、そういうイメージにとらわれている。少しでも糸を太くしようと、セメダインかアロンアルファかそういうもので応急処置をしようとしている。それが離れてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃が痛いときは、左側を下にして横向きに眠る。

そのことを思い出したのは、今日の午前中に胃痛で苦しんで、胃カメラを飲む夢を見て起きたあとだ。胃カメラは喉当たりの麻酔薬を飲む場面まで夢に見た。喉がしびれてしゃべりにくくなったときに、なつかしい人に会ったのも夢の中だ。 夢から醒めてもまだ胃が痛い。身体を横にして僕はもう一眠りした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【注・ネタバレあり】羽海野チカ『3月のライオン』第6巻を読んだ!【注・ネタバレあり】

【注・以下ネタバレありです。しかも完全にコミックス派なので雑誌連載を読んでおりません。】                              (では、以下本文) 深いなぁ・・・。18歳・高校2年生の桐山零。背負いすぎだよ。プロ棋士という「プロフェッショナル」な面が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー男子日本代表も(非公式)世界王座を防衛中であるらしい。

The Unofficial Football World Championships (UFWC) (http://www.ufwc.co.uk/)というページによると、今日現在、男子日本代表は非公式ながら世界王座を防衛中とのこと。次回タイトル防衛戦は8月の日韓戦の模様。ぜひとも王座防衛してほしいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た夢(2本立て)とその後の顛末

今朝、朝早く目が覚めてしまった。起きたのは4時。しかし身体が重くてどうしようもなく、すぐに二度寝した。 すると、眠りが浅かったのか夢を見た。 1本目は昔済んでいた住宅の向かい側の建物に落雷して建物が半壊する夢。稲妻は青白いものだが、夢の中では赤みがかった白さだった。建物の一部が崩壊して住民が驚いている様子が見える。しかし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漠然とした不安というものはあるものだ(A suttle anxiety on life)

今日、バスに乗っていて「人生における漠然とした不安」について考えた。考えたのはバスの中でそう感じたからであり、それに正面切って考えられるだけの元気さは今の僕にはあると思ったからだ。しかし、その不安の正体を突き詰めようとしても曖昧模糊としていて「これだ」というものが無い。いろいろと思い当たるが、「時の流れに身を任せ」とか「ケ・セラ・セラ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年上半期も今日で終了。明日から、今年の後半が始まります。

今年は3月11日の東日本大震災という大災害が日本を襲いました。どうか後半は平穏でありますように。 個人的には春に引っ越し。それから3ヶ月ほどが経ちました。これから暑くなりますが、日々をより充実したものにしたいものです。 とりあえずは十分に睡眠を取ることから始めます。やはり体調の基本は睡眠の充実かもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーター・フォーク氏死去

「うちのカミさんがね」の台詞がすぐに思い浮かぶ。子供の頃に慣れ親しんだ『刑事コロンボ』。また観たくなってきました。 刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOXジェネオン・ユニバーサルユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスターミナルにて

写真からも暑さが伝わってくると思いますが、今日の日中は30℃を越えていました。晴天だったものの、日本の夏らしい湿気のあるじわじわと汗が出て来る日でした。しかし、日陰に入ると少しは涼やかな風が届いただけ、まだ真夏の暑さにはなっていないことを感じるのでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最も読書に適した場所はどこか?

僕の場合、それは電車の中。とは言っても、ロングシートの普通の電車限定です。新幹線とか特急、新快速ではどうも車窓からの風景が気になって読書に集中できないのです。ところがロングシートで窓に背を向けて座っていると読書がどんどんはかどります。 高校時代に阪急電車で三宮から王子公園まで電車通学していたのですが、わずか2駅でさえも集中するとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週もいろいろあった1週間だった

今週もいろいろあった1週間だった。腹痛に襲われたかと思ったら1日で治ったり、人間ドックの日程が決まったり。 人間ドックは1泊2日。泊まりがけは初めてなのだけど経験者曰く「とにかく暇」らしい。なので本を持って行った方がいいと言われました。文庫本を3冊ぐらい持って行こうかな。しかし、得てしてそういう場合は読めずに持ち帰ることが多いもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の読書パターンについて

最近、読書は相変わらず低調ではあるが、読み始めると止まらなくなるのはいつものこと。勢いがつくとどんどん読んでいってしまう。ただ、その勢いのきっかけが難しい。眠る前に入眠剤代わりに読み始めて眠れなくなることもあれば、逆に数ページもいかないうちに自然に眠ってしまい、蛍光灯をつけっぱなしということもある。今、通勤は電車などを使っていないために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年6月18日天満天神繁昌亭(朝席・昼席)

たまには朝席と昼席を両方観てみたらどうだろうと思って早朝から天満天神繁昌亭へ。 どの噺家・出演者も「見せる」「聴かせる」ところはやはりプロの技でした。マクラから本編にかけての流れもそれぞれの味があって、それが話全体のリズムになっていたりもしていました。笑ってうなづいて感心したのはもちろん、何か日常へのヒントにもなるような気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の朝日記 ~睡眠について~

昨夜から4時間+2時間半眠れて、いつもよりは長く眠れた感じ。理想は一気に朝まで途中で起きずに眠ることだけど今はそれができない。途中で目が覚めてしまうのだ。今日は休日でアラームも切っていたがいつもなら寝不足のままで朝の支度をしなければならないところだった。 原因はよくわからないけど、こういう睡眠パターンがずっと続いている。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第78回東京優駿(日本ダービー)優勝 オルフェーヴル号&池添騎手おめでとう!

皐月賞の時も書いたけど、この馬には数々の名馬が見え隠れする。香港ヴァーズ優勝の父ステイゴールド、その父大種牡馬サンデーサイレンス。父の母系の近親には「弾丸シュート」サッカーボーイ。オルフェーヴル自身の母の父は僕がこれまた大好きだった「マック」ことメジロマックイーン。 最後の直線の根性はこれらの名馬がすべて乗り移ったかのような力強さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「た。」

ある有名な作家のエッセイを読んでいた。高齢の著者の書く文章で、知らないことばかりなので興味が尽きない。しかし、あるページに書かれてあったのは「た。」の2文字。以下余白。 「ならなかつた。」の最後の「た。」なのだが、そのページにはたったそれだけなのである。余韻を楽しめばいいのか、紙が勿体ないと思えばいいのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短編小説の冒頭のような夢

風邪でしんどくて眠っていたら夢を見た。 短編小説の冒頭のような夢だった。 僕は故郷の山が見えるどこかの駐車場で、なつかしい人に会う。それが具体的に誰だか分からなかったが 昔なじみの人の声に似ていた。「ちょっとドライブにでも行かない?」と、昔のように誘われる。僕は二つ返事 でOKする。仮にAさんとする。 すると今度は駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西でよく見かけるランチ

さすがに今の胃の大きさではこれを注文することはできませんでしたが、モダン焼を食べました。しかしそれも巨大で、少し食べ残してしまったことを後悔。あと、神戸のお好み焼には紅生姜は入っていませんが、大阪のものには入っています。なぜでしょうか。僕は神戸の人間なので紅生姜が無い方が自然です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more