別海町鉄道記念館(北海道別海町)訪問記

3月某日、別海町西春別にある別海町鉄道記念館を訪れた。1989年(平成元年)に廃止されたJR標津線の歴史を学ぶことのできる、展示施設で基本的に入場料は無料である。詳しい場所や、開館時間については同記念館を紹介するサイト(http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bsbsk/bunkashigen/parts/1118.html)が参考になるだろう。

画像


積雪期ということで、屋外の展示物にはカバーが掛けられて見ることができなかったのは残念だった。係の人に尋ねてみたところ、5月の連休前頃に外されるとのこと。そのあたりの時期に再訪したい。

画像


画像


画像


以下、記念館内の展示物です。(許可を得て撮影しました。)

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


展示物の中では、旧西春別駅で使われていた駅名標や時刻表に心惹かれました。往事を偲ばえる展示物ばかりで、その当時はここにはいなかったのに、懐かしさに包まれました。

記念館周辺の様子です。付近はバスの発着場になっていました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




"別海町鉄道記念館(北海道別海町)訪問記" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント