石橋を叩いて渡る

石橋を叩いても渡らない人がいる。
石橋の叩き方を自慢している人がいる。
石橋とは何かについて論じている人がいる。
石橋をかるーく2,3歩で渡りきってしまう人は、そもそも石橋を叩かない。
石橋を叩いて壊してしまう怪力がいる。
石橋の叩き方で占う占い師がいる。
石橋をいかに長く叩いたかを自慢する人がいる。
「石橋を叩かずに渡るなんてなんて社会常識のない人なんでしょう!」という人がいる。
「石橋を叩くことはエチケットです」と言い張る人がいる。
石橋を叩く過程が大事なのであって、渡ることは大したことではないという人がいる。
石橋を叩かないし渡らない人もいる。
石橋のそばに新しい橋を造る人もいる。
石橋なにするものぞ、と川を泳いで渡る人がいる。
石橋を叩いた時に出る音を録音してCDにまとめて売ったり、オンラインで売ったりしている人がいる。
石橋を叩くには素手か、それとも道具を使うのか。道具を使うとすればどんな道具かを研究している人がいる。
石橋を叩いて渡ったのに、石橋をもう一度叩きに戻ってくる人がいる。
「石橋を叩くことはすなわち人生なのだ」という人がいる。
石橋叩きの家元がいる。
それに対抗して「元祖・石橋叩き」の人が現れる。
野次馬も来る。
もう一つ石橋を造ろうとする人がいる。
石橋で俳句を詠む人もいる。
騒ぎを聞きつけたマスコミが来る。
正体不明の「石橋関係者」がインタビューに答える。(プライバシー尊重のため音声は変えてあります。)
「ギネスに挑戦」石橋叩きの世界記録を競う大会ができる。
石橋についてのシンポジウムが開かれる。
「世界の石橋サミット」が開かれる。
「石橋法」が制定される。
そもそも「石橋」ってどんなものだろう?
(以下略)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック