知床横断道路(国道334号線)を越えて

先週、知床横断道路(国道334号線)を羅臼町から斜里町ウトロに向けて越えてきました。最新の情報によると、今週24日の17時から夜間の通行止めが始まり、11月7日15時から来年の4月下旬まで冬の通行止めになるとのこと。1年のうち、半分しか通れない国道なのです。羅臼町から斜里町に行くにはこの国道の知床峠ではなく、標津町と斜里町の境の根北峠を越えていくことになります。冬に根北峠を走った時には、長い坂がツルツルに凍っていて怖い思いをしながら越えたことを思い出します。超スロー運転で、もちろんスタッドレスタイヤを履いていても怖かったです。
画像

画像

画像

深田久彌の「日本百名山」の一つにも数えられる羅臼岳は悠然とそびえ立っています。

頂上付近はすでに紅葉は終わっているようで、ウトロ側の麓に近づくにつれて紅葉が見られるようになりました。
画像

画像


オホーツク海は穏やかで、静かに柔らかな風が吹いていました。
画像


冬の閉鎖になる前に、もう一度峠を越えてみるつもりです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック