関空快速

関西空港から飛び立つ前にJRの関空快速を使うことが多い。バスに比べてかかる時間の予想がつきやすいこともあるが、バスに比べて開放感があるからだろう。もともと鉄道が好きで、車窓からの眺めを楽しめる方である。単調な風景が続いたとしてもどこかに変化があるからだ。ところが、関空に降り立った後は不思議とリムジンバスを使う。関空のターミナルビルから関西空港駅までの微妙な距離感がバスを選ばせるのだろうか。微妙な心理状態が鉄道とバスを選ばせる。

飛行機が好きで、乗る予定もないのに飛行機がよく見える場所に行くことがある。あれはどこ行きの飛行機だろうかと想像しながら。次に乗る日が待ち遠しい。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sophia
2006年05月17日 08:29
車窓からの眺めが楽しめるのは断然電車、リムジンであってもバスの方が閉塞感が高い!
同感です。
私も電車が好きですが、私も同様に関空からはリムジン利用。通勤で路線バスを使うときにも、京都では絶対最後尾に座る。座席が高くなっていて圧倒的に景色がよいから。

この記事へのトラックバック