テーマ:函館

函館山を見るとホッとする

北海道においては「故郷」であり、僕の第2の故郷とも言える函館。ときどき函館山の写真を見て、ホッとした気分になる。函館山は見ていて飽きない山なのである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館の猫

街角で会いました。この猫は建物の壁面の方をじっと向いていたのです。まるで坐禅をするように。 声をかけたら振り向いてくれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市電(2010年2月撮影)

函館の市電に乗りました。この市電はいわば函館の顔ですね。路線が拡充されて函館空港からJR函館駅まで直結でもしたら便利になっていいのですが。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

函館に行きたい!

函館に行ったのが2月下旬ですが、3月上旬にして函館にまた行きたくなりました。 いい街ですからね。食べ物も美味しいですし。 今度はもっとあちこち歩き回りたいものです。雪の無い季節に。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五稜郭タワーの土方歳三像とともに2月の最後から2つ目のブログ更新

今日は不規則に睡眠を取ったのでちょっと体調がよくありません。気合い付けにさっきアリナミンVドリンクを飲みました。ここはユンケルがよかったかも。しかし近場にドラッグストアが無いので仕方有りません。頭もずっと重い状態ですので、バファリンも飲んでおこうと思います。 それでは先週行った函館の五稜郭タワーと、展望室2階に鎮座する土方歳三副長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金森倉庫付近から見た函館山

道南に住んでいた頃、よく散歩していた界隈です。久しぶりに訪れて心が落ち着いた思いがしました。今、函館のことを思い出しては心を静めています。坂と港と山がある街に生まれ育ったせいか、同じ特徴のある函館はやはり落ち着くのです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR北海道の特急車中にて 函館~札幌~釧路

函館で楽しくも穏やかな時間を過ごした後、今度は札幌経由釧路までの長旅をしなければならなかった。名残惜しく、車窓からの風景を出来る限り楽しもうと思ったが、どうも頭が痛い。風邪では無いようだが、バファリンを飲んだ。 頭痛は一度出ると長引いてしまう。札幌までの車中は頭痛との戦いであった。 3時間以上かけてようやく札幌駅に到着。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

函館駅周辺

JR函館駅を「朝市」方向から見たところ。 そして、右(函館市電電停)方向を見たところ。 振り返ってみると函館山が見える。 朝市方向を見たら、こうなる。 駅舎内1階。左手に2階に行くエスカレーターが見える。 2階にはレストランなど食事ができる店があるが、奥のスペースでは市内の工業高校の生徒…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

JR北海道の特急車中にて 釧路~札幌~函館

釧路駅の「パーク&トレイン」に車を置いて、特急スーパーおおぞらに乗った。ロングドライブの疲れと寝不足からか、車内に着いたらすぐに眠ってしまった。鋭い楔のような眠りで、短い時間であったがずいぶんと睡眠不足の解消に役立った。 札幌で用事を済ませて函館に向かったスーパー北斗も、乗り心地はよかった。やはり、車内で眠りな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館のペンション「じょう蔵」

函館に行くときにはここに泊まることにしている宿がある。こぢんまりとした宿「ペンション じょう蔵」がそれである。函館市大町という立地は、観光地ならどこでも行きやすい場所にある。函館市電も目の前に走っている。何よりも木の温もりが漂い、清潔感溢れるたたずまいが実に嬉しい。朝食はとてもおいしい。次回行くときも、満員でなければここを選ぶだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

函館に行ってきました。いや、帰ってきました!

週末に函館に行ってきました。北海道に移り住んで初めて住んだのが函館。函館には6年間いて、周辺の町にも2年住んだから僕にとっては「第2の故郷」のような場所です。道内で心のよりどころを求めるなら、それは函館の街です。 なじみのペンションに泊まり、旧い友人たちと食事をし、道南に住んでいた8年間、心穏やかにさせてくれた場所を廻った2泊3日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

和の趣

今日、本屋で作務衣を着ている若者をみかけました。おそらくは高校生でしょう。大人ならたまに見かけますが、これほど若い人が和の趣のある装いをしているのを見るのは珍しく、一瞬、目を取られました。 正月には電車の中で僕と同じか少し上ぐらいの夫婦と見られる二人連れが和と洋をうまく折衷したような(ファッションセンスが無いので語彙も乏しい)、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべる

「北海道に住んでいるのにスキーしないのですか」とよく聞かれる。すべるのは凍結した路面とギャグだけで十分だと思っている。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雪虫が飛んでいました。

夕方、仕事帰りに車に乗ろうとしたらふわりと白い綿毛のようなものが空を漂っていました。よく見ればそれは雪虫。おしりのところに白い綿毛のようなものを付けてゆらりと飛ぶ虫です。この虫が飛べばそれは冬の到来の予告編。数週間でこの町にも雪が降り始めます。長い長い冬。世界をモノトーンに変える雪。今年もまたこの季節が来たのだと感じさせる1週間でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽と記憶

ある夜のこと、海沿いの国道をドライブしていた。カーステレオはiPODからランダムに流れる音楽が偶然にしては上出来のジャズバラードがかかっていた。次の曲が始まった。10年ほど前に流行った曲だ。すると自分でもよくわからないことに、10年前の仲間たちと遊んだ記憶が溶け出した氷のように思い出されていった。その頃流行った曲で、その頃の仲間と聴いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい五稜郭タワーに行ってきました。

旧タワーより遙かに高い新・五稜郭タワー。下から見上げると展望台も五稜の星の形をしていました。展望室は2階になっており、どちらからも360度の展望が可能です。中には土方歳三の像があり、函館市街を見下ろす・・・のではなくて建物の内側を見ていました。市街を見下ろすように設置すればいいのにと思いつつ、それでは記念写真が撮れないから内側を向いてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おいら

吉田拓郎の昔の歌を聴いていると、一人称が「おいら」と歌っている歌があった。誰かのエッセイに「『おいら』の対になるのは『あたい』」とあったが、今までに生で自分のことを「おいら」と読んでいる人と会話したことがない。吉田拓郎と石原裕次郎の歌ぐらいか。それと北野武がテレビで使っているのを聴いたぐらい。広辞苑によると「おいら【己等】(一人称)おれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

牛丼

1日限定の販売再開とのことで行列ができている吉野家を素通りし、なか卯へ向かう。アメリカンビーフ(吉野家)かオージービーフ(なか卯)かの違いだが、オーストラリアにはいずれ行ってみたいことも関係あるのかないのか、オージービーフになじみがある。「並」を注文。大盛りを食べるだけの食欲はない。でも一番好きなのは、神戸牛。長いこと食べてないが、とろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

函館の坂

函館の西部地区には名前のついた坂が多くある。函館山に向かう坂には名前が付いていて、 看板にも表示されている。ひとつひとつに坂の「顔」があり「表情」がある。坂の上からは海が見える。昔、雪の積もった冬にこれらの坂でそり遊びをしていた写真を見たことがある。その頃には今より雪が多かったのだろうか。今では、冬には坂は凍結のために通行禁止…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

腰痛(はじめての鍼治療)

右の腰が痛い。どれくらい痛いかというと、ロビンマスクにタワーブリッジをかけられたくらいの痛みだ。ここ数日、痛みこそなかったものの腰に鈍い感覚があった。しかし、今日の早朝に腰の激痛で目が覚めた。どうやら、どういう寝相かわからないが無理な体勢で眠ってしまったらしい。仕事を終えて、飛び込むように近くの整骨院に行った。整骨院の先生はしばらく検査…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甘党

酒をほとんど飲まないせいなのか、かなりの甘党である。ただし、自宅ではあまり食べることはない。出先の喫茶店でケーキセットがあれば紅茶やコーヒーとともに選んでしまう。もともと飲み物に砂糖やシロップを入れるのは好きではないので、なおのことケーキの美味しさが引き立つ。今夏のマイブームは果物がたっぷり乗ったタルトだった。神戸の行きつけの喫茶店で頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧函館区公会堂

函館の西部地区には明治時代の建築やら金森倉庫などのウォーターフロントなど、歩いていて気持ちがいい場所が数多くある。この旧函館区公会堂はひときわ目立つ色彩をしている上に、存在感があっていい。内部は公開されており、2階のテラスからの眺望は素晴らしい。冬には真っ白な雪にライトアップされた姿が美しい。冬は寒いけど、冬にしか見られない景色を夏の終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医は巨船

実に久しぶりに歯医者に行った。実は歯医者は子どもの頃から大の苦手だった。幼い頃の記憶がそうさせるのか、ドリルの音を想像するだけで冷や汗が出たものだった。今回は、物を噛む度に左の奥歯の歯茎が痛むのが続いたので歯医者の門を叩いた。驚いたのは昔の歯医者と違って診察室内には暖色系の壁紙が使われていたり、BGMでFMを流していたりと居心地のよさそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冥王星と僕

今朝の朝刊の中にはプラハで開かれた天文学の国際会議で冥王星が太陽系の9番目の惑星の地位から降ろされた記事を1面に持ってきたものがあった。一般紙で天文関係の事柄が1面を飾ることはそう多くは無いだろう。記憶している限りでは、彗星が分裂しながら木星に激突したことや、大規模なしし座流星群が夜空を彩ったことなどがある。 普段は世間の一大事か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

函館市中央図書館

五稜郭公園に隣接する位置に2005年11月にオープンした函館市中央図書館。月に2~3回は利用しています。広々とした館内は実に居心地が良く、2時間ぐらいはすぐさま過ぎていきます。図書館を「使い倒す」には最高の図書館です。自宅を除けば、読書活動の第2のホームグラウンドのような存在です。 読書の前後に五稜郭公園を散歩するのは楽しいです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の写真

花の写真を撮っていると、ある種の集中力が生まれる。おそらくは二度と同じ色、同じ形では存在することがない花や樹木の一瞬を切り取る作業に自ずと気持ちは研ぎ澄まされていく。もともと大した撮影技術は持っていないので、凝るにも凝りようがなく、ほとんどは直球勝負なのである。変化球を投げようにも曲がらないカーブ、切れないシュート、落ちないフォークしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・五稜郭タワー

4月にオープンした新しい五稜郭タワーです。連休中は前年の数倍の観光客で賑わったという五稜郭公園。まだ新しいタワーからの眺望は楽しんでいませんが、さぞ眺めがいいことでしょう。五稜郭公園は散歩する人、楽器の練習をする人、賑やかな若者たち、ベンチで談笑するお年寄りたち・・・。静かな時間が流れていました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

函館・五稜郭公園の八重桜

函館の五稜郭公園では八重桜が満開です。ソメイヨシノは連休後半から連休後ぐらいが見頃だったようです。濃い色の花の周りには独特の空気が漂っていました。葉の香しさもあったのでしょう。しばらくその場を離れがたく、見入ってしまいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の雨

今日、雨が降りました。冷たく皮膚を刺すような空気も、静かに舞う雪もなく、包み込むような暖かい雨は春の遠い先駆けのようでもあります。那覇の街を歩いて以来の暖かさに、雨模様なのに気分がよくなってくるような希望のようなものを感じました。 先週末、無性にトマトソースのパスタが食べたくなりました。たまに行くイタリアン・レストランではペンネ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more