テーマ:映画

書評家と映画解説者(評論家)

どちらもできあがった作品を鑑賞して、その評価を情報の受け手に伝える仕事である。最近、あるノンフィクションの本が出版された。書評家のA氏が大絶賛して、またそれを受けて他の書評家や作家が取り上げて文章にする。 大絶賛されて、概ね好評だったからその本の内容は玄人の目を持ってしても「良い」と評価されるものだったのだろう。しかし、その本に関…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もっと時代劇を!

『大岡越前』で榊原伊織役を演じた竹脇無我さんが亡くなって、思う。もっと時代劇を。僕らの世代は『水戸黄門』が当たり前で『桃太郎侍』『必殺シリーズ』『遠山の金さん』『大岡越前』『銭形平次』『鬼平犯科帳』などを見て育ってきた。 優れた時代小説、歴史小説がどんどん出てきているのだからもっと時代劇(歴史劇)をテレビや映画は作るべし。この文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『のぼうの城』、公開延期

原作小説が大変面白かったので映画も期待していたのですが、映画のクライマックスとなる「忍城の水攻め」がNGとなった模様です。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/movie/?1303450101 映画については全く知らないのですが、CGでしょうか。花咲アキラによるコミカ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マイケル・J・フォックスとジャッキー・チェン

「あなたの子どもの頃の映画ヒーローといえば誰ですか?」と訊かれれば、スタローンでもシュワルツェネッガーでもなく、この2人しか居ない。 マイケル・J・フォックスは病気と闘いながら俳優業を続けている。がんばれ、マイキー! ジャッキーの最新の映画『ベスト・キッド』も映画館に見に行きたいな。 ショーン・コネリーが引退を表明したそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソンよ永遠に! ~「THIS IS IT」のDVDがやってきた~

注文していた『THIS IS IT』のDVDが届いた。昨年映画館で見たときは感動のあまり、その後1週間はMJの歌ばかり聴いていたものだ。もし彼が存命ならこの映画は世に出なかったのだろうか。彼のメッセージは我々に伝わっていただろうか。 バックのギタリストのオリアンティもかっこいい。彼女のアルバムを聴くと、歌声もかっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「2001年宇宙の旅」を思い出したら、考えは思いもよらぬ方向へ

映画『2001年宇宙の旅』を子どもの頃に初めて見たときは衝撃を受けたものでした。「未来はこんな風になるのだろうか」と。『2010年』という映画もありましたね。今年の話ですか。今年の宇宙と言えば現在国際宇宙ステーションに滞在中の若田飛行士の活躍も気になります。 ところで昔、有名な『御教訓カレンダー』に    「ホーキング府中を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

THIS IS IT

マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』を観てきた。映画館に行くこと自体数年ぶりだった。エントランスに入るなり、映画館独特の雰囲気に包まれ、映画が好きだった中高生の気分に戻っていた。売店でウーロン茶を買い、いざシアターへ。 「リハーサル風景を集めた映画」という予備知識しかなく、マイケルの歌は好きだがそれほど映画自体に期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラブソングができるまで」(2006年製作)

映画「ラブソングができるまで」 (原題:Music and Lyrics) 主演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア 製作:2006年 (ストーリー) 元アイドルグループのメンバーで、今は遊園地で「往年のギャル」たちを前に歌うことで生活している歌手のアレックス。そこに、トップスターのコーラ(ヘイリー・ベネット)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more