テーマ:天満天神繁昌亭

2011年6月18日天満天神繁昌亭(朝席・昼席)

たまには朝席と昼席を両方観てみたらどうだろうと思って早朝から天満天神繁昌亭へ。 どの噺家・出演者も「見せる」「聴かせる」ところはやはりプロの技でした。マクラから本編にかけての流れもそれぞれの味があって、それが話全体のリズムになっていたりもしていました。笑ってうなづいて感心したのはもちろん、何か日常へのヒントにもなるような気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神繁昌亭ゴールデンウィーク特別興行 2011年5月5日第1回

天満天神繁昌亭ゴールデンウィーク特別興行 2011年5月5日第1回(11:00開演) 桂 福矢 「時うどん」 笑福亭生喬「江戸荒物」 桂 坊枝 「野ざらし」 桂 三金  バルーンショー 笑福亭仁智 「スタディベースボール」 (仲入) 桂 米平  立体紙芝居「西遊記」 桂 あやめ 「コンパ大作戦」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神繁昌亭2011年5月1日朝席「枝さんの朝から落語会」

昼過ぎから人に会う約束があって、それまでの時間は本当は京都の河原町界隈をぶらつこうと思っていた。しかし、天気予報は雨。すぐさま予定を切り替えた。2日連続で落語。しかも9時40分開場、10時開演の朝席である。物好きここに極まれり。まさに落語世界の住人のようである。 朝席のタイトルは「枝さんの朝から落語会」。桂枝三郎さんと若手2人が白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神繁昌亭2011年4月30日昼席

「GWはどこに遊びに行こう?」と考えたときに、真っ先に思いついたのは天満天神繁昌亭に行き、落語を聴くことだった。繁昌亭のホームページで昼席の出演者を確認したら、4月30日の昼席に目が止まった。トリが桂小春團治、中トリが桂きん枝、そして一度聴いてみたかった桂吉坊に雰囲気が大好きな桂米平も出るという。これはチケットを押さえねば、と早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神繁昌亭 昼席

行ってきました。楽しんできました。笑い転げるようにストレス大解放してきました。 今日の出演はこちらの噺家さんたち。 特に注目はこちら。 今週は『掛け取り』特集ということで、米團治師匠が今日は演じていました。米團治さんが高座に上がると会場はひときわ大きな拍手。実に「らしい」演出であり、時勢を反映した演じ方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また天満天神繁昌亭へ(完全なるリピーター)

またまた繁昌亭に行ってきてしまった。30日の昼に特に予定がない。今しかできないことはないか。そうや、落語を聴きに行こう! てな勢いで、27日に行ったばかりだというのにまたしても天満天神繁昌亭に行ってきたのであった。前回は友達と2人で行ってきたが、毎度毎度つきあってもらうのも気が引けるので今回は一人で行ってきた。一昨日にチケットぴあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天満天神繁昌亭で落語・演芸を楽しんできました。

昼席に行ってきました。客の入りは見たところ8割ぐらいだったでしょうか。 落語家8人、講談師1人、太神楽1人。10名の出演者で午後1時から4時過ぎまで楽しませてもらって2000円は安かったと思いました。涙が止まらないほど笑ったのはトリの笑福亭仁智さん。ここ半年分ぐらいの「笑いの涙腺」がフルオープンでした。たたみかけるような笑いの波が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年5月4日 天満天神繁昌亭(夜の席)観覧記

出演と話(内容)は以下の通り。 林家染左『二人癖』 桂かい枝『ハル子とカズ子』 笑福亭鶴二『七度狐』 来世楽(津軽三味線) 桂梅団治『鬼の面』   (仲入) 笑福亭学光(腹話術) 笑福亭仁勇『貧乏花見』 桂小枝『落語』 しばらく大爆笑していなかったのですが、ここ半年ぐらいの分笑った気がします。笑いすぎて咳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more