テーマ:音楽

ソウル・フラワー・ユニオン「バタフライ・アフェクツ」を聴け!

ソウル・フラワー・ユニオン待望のニューアルバム「バタフライ・アフェクツ」。1曲目のタイトルチューンからしてガツーンときますね。昨年暮れに出た名盤です。ロック好きなら必聴でしょう。 ライブで聴いたあの曲がスタジオ録音ではこうなるのか、などの発見が多くあります。そして今年もソウル・フラワー・ユニオン、中川敬弾き語りソロライブに行くでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

What A Wonderful World

《What A Wonderful World》 (Louis Armstrong) I see trees of green Red roses too I see them bloom for me, for you And I think to myself What a wonderful world …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘉門達夫さんは「心の師匠」

https://www.youtube.com/watch?v=z5iCIQ5cvJw 嘉門達夫さんは「心の師匠」だと思っている。中学生の頃、達夫さんと河合奈保子さんが出演していた ラジオ番組「MBSヤングタウン火曜日」の熱心なリスナーだった。ほとんど毎週聴いていた。聴けなかった 時もカセットテープに録音して聴いていたのではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川ひとみ『三枚の写真』

https://www.youtube.com/watch?v=i0a7j9bfpbM https://www.youtube.com/watch?v=R7LoFYyJOhY この歌を初めて聴いたのは小中学生の頃。まだ16にも18にもなっていない頃だ。 それでも心を貫かれるような思いがしたのは、既に「何枚かの写真」の想い出が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝見た変な夢

時々変な夢を見る。 僕は大きな野外特設ステージのライブ会場にいた。なぜかステージの上で、何故かギタリストである。夢の中でも自分がギターを全く弾けないことを自覚していて、その場にいていいのかどうか戸惑っている。そうこうしているうちに演奏が始まってしまう。ボーカルが歌い出す。仕方無く僕も手を動かすがでたらめだ。大観衆は盛り上がっている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気分が落ち込んでいるので

しばらく音楽を聴く気にすらならず、ひたすらうずくまっていた。でも音楽が心の栄養になるかもしれないと思って静かな曲から聴きはじめている。まずはモーツァルトから。 外は台風12号で暴風雨。気晴らしをすることもままならない。だから、せめて音楽だけでも晴れ晴れとしたものを聴こう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまはなかなか使われない電話関係の歌

今も聴き、歌い継がれる名曲なんだけど、今はあまり見かけたり使われたりしないのでその歌詞の部分だけ「あっ」と思ってしまう電話関係の歌 徳永英明『レイニー・ブルー』(電話ボックスは数が減りました) 森高千里『渡良瀬橋』(たばこ屋の角にある公衆電話という光景もあまり見なくなりました) 小林明子『恋におちて』(ダイヤル回さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口笛吹いて歩こう

斉藤和義の『空に星が綺麗』は「口笛吹いて歩こう」というフレーズで始まります。外で歩きながら口笛を吹いたのは、一体何歳の頃までだっただろうか。今さっき、部屋の中で自分が口笛を吹けるかどうか試してみたらちゃんとメロディーを奏でられた。僕が唯一演奏できる楽器かもしれない。しかし、それを誇らしげに「演奏」できるかといえば別問題であり、僕の口笛は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キダ・タロー先生のベストアルバム『キダ・タローのほんまにすべて』

「浪花のモーツァルト」ことキダ・タロー先生のベストアルバム『キダ・タローのほんまにすべて』が自宅に到着しました。 関西人のある一定の年代以上の人々は、キダ先生の作品を聴いて育ってきた人も多いはず。 これから楽しみにしながら聴いていきます。 1990年代のはじめに出た『キダ・タローのすべて』も購入しましたが、あの時よりグレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソンよ永遠に! ~「THIS IS IT」のDVDがやってきた~

注文していた『THIS IS IT』のDVDが届いた。昨年映画館で見たときは感動のあまり、その後1週間はMJの歌ばかり聴いていたものだ。もし彼が存命ならこの映画は世に出なかったのだろうか。彼のメッセージは我々に伝わっていただろうか。 バックのギタリストのオリアンティもかっこいい。彼女のアルバムを聴くと、歌声もかっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

献血してきた

帰省するたびに献血に行っているような気がしていたので、献血カードで確かめてみたらその通りだった。帰省して時間があれば献血に行っている。 元町から東急ハンズを経て三宮駅方向に歩いていたら、不意に献血がしたくなった。献血をしない人から見れば献血したくなる心境は理解不能かもしれない。献血をする人でも、不意にしたくなるこの心境は理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日これまでに聴いた曲

今日これまでに聴いた曲。朝は聴きながら眠ってしまった曲も。ドライブ中、夜ここまでに聴いた曲の一覧。 テルーの唄        小原孝 Angel Springs 久石譲 ルージュの伝言 Boot Beat いつも何度でも 木村弓 風の谷のナウシカ 小原孝 Closed Fist ~閉じられた手 久石譲 幸せなク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日から今日にかけて聴いた曲リスト

ユニコーン、奥田民生関係はドライブ中に。あとは自宅。 ZOO (20th Anniversary) 川村カオリ At The Zoo (Album Version) Simon & Garfunkel Dirac in Zoo GONTITI At The Zoo Simon & Garfunkel ZOO 川村かおり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤和彦さん逝去

僕はフォーク・クルセダースが結成された後に生まれた世代だから、当然昔を知るわけではないけれど、ずっと親しんできたミュージシャンだった。 加藤さんと北山さんに坂崎幸之助さんを加えた3人で「再結成」した頃から、さかのぼるように加藤さんの音楽を聴いてきた。あのライブのCDは何度聴いたかわからないほどだ。 偉大なミュージシャンがこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬場俊英さんの歌に励まされて

「だからそうだよくじけそうな時こそ遠くを見るんだよ チャンスは何度でも君のそばに」(馬場俊英『スタートライン』) この歌を知ってから、何度繰り返して聴いただろうか。つまづきそうになったとき、「もう駄目だ」と思ったときにこの歌に励まされてきた。どうしようもなく落ち込んでいる時は、傍らに転がっているチャンスも何も見えなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかんの花咲く丘

僕のiPODには『みかんの花咲く丘』が6曲、収録されている。川田正子、由紀さおり&安田祥子、さだまさし、グレッグ・アーウィン、そして合唱団のもの。どれも魅力的である。みかんが咲く小高い丘から海を見下ろす光景が繰り返される。 心が穏やかになる童謡は、語り継ぎ、歌い継いでいきたいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忌野清志郎さん逝去

子供のころから、RCサクセション、THE TIMERS、ソロ活動と清志郎さんの歌に親しんできた。享年58歳は若すぎる。 ご冥福をお祈りします。 合掌。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

♪だけど和菓子ほどあなたのことを深く愛したやつはいなーいー♪

最近和菓子にハマっている。そのほかすべての甘いものを絶ってでも、週に一度買いに行く和菓子屋の和菓子を楽しみにしている。定番は桜餅とうぐいす餅である。そして、豆を使った和菓子やら栗まんじゅうやら2,3日をかけて食すのである。ドライブの途中、海を眺めながら温かいペットボトルのお茶を片手に和菓子を楽しむ。カーステレオからはiPODの音楽。こう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポップスにおける電話の存在

 有名な邦楽ポップスに出てくる電話について考えてみたい。パッと思い出すだけでも以下のものがある。 佐野修&ダニー飯田とパラダイスキング/電話でキッス フィンガー5/恋のダイヤル6700 「ダイヤル」 小林明子/恋におちて 「ダイヤル回して手を止めた」 中島みゆき/悪女 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の歌

もし僕が20年ほど早く生まれていたら、フォーク小僧になっていただろう。ギター一本片手にしみじみと歌うのだ。時には激しく。大学生活は神田川だっただろうか。実際に通っていた大学の近くに川はなかったな。神田川といえば料理人も思い浮かべる。たしか、かぐや姫の歌から取った名前だと聞いたことがある。 川は音楽になる。さとう宗幸の『青葉城恋唄』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋、始まりました。

睡魔とよくわからない疲労感に完敗続きだった今週のまとめのような感じでやはり睡魔にKOされてしまった昨夜。いつになく早起きの休日の朝、玄関を明けてみると空気が秋の色に入れ替わっていました。寒くなるまでの短い秋が好きで、一年のうちで最もいとおしく過ぎて行く時間です。 今日はラジオでオフコースの『秋の気配』がかかっていました。秋の訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more