テーマ:京都

京都市営地下鉄の駅の階段にて

一段ごとに消費するカロリーを計算して書かれてあった。関西の鉄道は階段のこのスペースを使うのが得意であるが、これは面白い。 面白い、と思いながらエスカレーターを使ってしまった。昔ならばすぐさまカロリー消費に挑戦していたところだ。次に訪れるときには階段を使いたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くいが残る。

ちょっと暑い日だったので嵐山方面は切り上げたのですが、もうちょっと我慢してせめて嵯峨野の竹林や、落柿舎あたりまで行けば良かったかなと少々後悔しています。もっと気温が下がって冬直前あたりにもう一度行ってみたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の京都・嵐山

川をしばらく眺めてボーッとして、渡月橋を渡ったら満足して嵯峨野方向には行かずに進路変更。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車

都会で自転車に乗るのも大変やな、と思った次第です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな旅に出かけたい

阪急電車かJRに乗って、京都あたりを散策したい。朝早く出かけて、最終のバスで帰ってくるような目一杯の日帰り旅。秋のうちに晴れそうな日を選んでぶらぶらと歩きたい。秋は窓の外で静かに移ろいゆく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年の記憶

 使っていないUSBメモリなどを整理していたら、一昨年2007年の画像が出てきた。ゴールデンウィークで歩いた京都の街の画像、旧い友達たちと再会したときの記念写真、今の季節には見られない春の花の画像…。  その中に、今はもう長いこと会っていない友人が写っている画像があった。長いこと連絡もしていない。元気でいるだろうか。元気でいてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く

8月の京都にしては風爽やかな晴天の日、京都市内を歩いた。京都文化博物館で藤城清治展を見たあとは、「ルーブル美術館展」へ。ルーブルの方は人があまりにも多くて落ち着いて見られなかったのが残念だった。 美術館めぐりは心の栄養になる。普段はそういう機会がほとんどないので、実にいい心の保養になった。特に藤城清治展では今なお創作に打ち込む藤城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠たい日々

「泥のように眠る」というように、最近すこぶる寝付きはいい。 うなされることも、途中で起きることもなく、 静かに朝までぐっすり眠っている 低血圧とかそんなのでもなさそうで真っ直ぐ朝まで 眠っている。 ベッドに磁石がついていて、自分が金属になったように 張り付いたままである。どこかにスイッチがないものか さがしたけど、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街のなかで

人の話し声が適度に心地よく感じられる場所で何か飲み物を 飲み、読み物をしながら小一時間ほど過ごすのが好きだ。さ さやかな贅沢を感じる。 残念ながら今の環境にはそういう場所が見つからない。車を 景色のいい場所に停めて海を眺めることぐらいだろうか。 京都・鴨川の風景。心にとまって素通りできなかったのでシャ ッターボタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「足の湯」(2)

歩き疲れるほど歩いていなかったものの、20cmほど張られた湯に足を浸すと、 足全体がリラックスしてくる感触がはっきりと感じられました。 ここで10分ほど一休みしてから次の行程の計画を練りました。他にも一人旅と おぼしき高齢の女性や若い人たちも同様に足をひたし、疲れを癒していました。 涼しい時期にまた行きたくなりそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐電(京福電鉄) 嵐山駅 「足の湯」

真夏だというのに嵐山に行ってきました。帰省ついでの日帰り古都巡り。案の定、照りつける 陽射しには勝てず、頻繁に水分補給をすることになりました。 今回初めて挑戦したのが嵐電嵐山駅の「足の湯」。1回150円で、タオル付き。タオルは持っ て帰ることができました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more