テーマ:温泉

有馬温泉土産の入浴剤

大切な友人から有馬温泉土産の入浴剤をいただいた。夏はシャワーで済ませる日も多いが、今日は自宅にいたので浴槽に湯を張って、温泉の素を入れた。有馬温泉の「金泉」と「銀泉」の2種類があるが、今日は「銀泉」を入れてみた。かすかに白濁する程度でほぼ無色に近い水の色である。「金泉」の方は明らかにそれとわかる色をしている。 風呂から上がって10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい湯でした。

通りすがりに町の温泉を見つけて入浴。湯上がりはさっぱりとして気分爽快でした。 しかし、しばらくは涼しかったのですが再び炎天下を歩いているうちに汗だくに。もったいない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の日記

NEC PC6001MkIIからPCに触っているわりにはPCのことが全然分からない。そして最新技術についていけないし、ついて行く気も無い。流行を追う気も無い。 ああ、どこか南の地の温泉の 砂風呂にでも入ってのんびりしたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相泊温泉(北海道羅臼町)

知床半島をひたすら奥へ。瀬石温泉からさらに進めば、橋を渡り、唐突に道は終わる。 温泉は行き止まりから少し、羅臼町市街地寄りにある。 もともと夏場しか入られないのは分かっていたが、冬場はどうなんだろうとここまでやってきた。 トイレも冬期間は閉鎖されている。 その他、周辺部の様子。静かだ。波と風の音しかしない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

瀬石温泉(北海道羅臼町)

瀬石(セセキ)温泉に行ってみた。大体の位置は知っていたのだが、行くのは初めてである。羅臼町中心部から北東に約20kmである。国道脇に駐車スペースがあり、傍に表示があった。 温泉に行くには私有地を通らせてもらう必要がある。 しかし、温泉に行くまでの道は深い雪の下。当然、冬期間は無料の露天風呂とはいえ、閉鎖状態だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悪夢にうなされた。(真夜中の日記のあと)

この直前の雑記は、「夜中にユニコーンを聴く」というものだった。2曲ぐらい聴いたところで上手い具合に眠気がやってきてくれて、眠ることができた。そのあとである。眠りが浅いとほぼ7割の確率で悪い夢を見る。 夢の中で僕はどうやら健康診断を受けていたらしい。何故か胃カメラを飲んだ。1回だけだといいのに何度も何度も飲む。夢だから理屈抜きなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道ローカルの入浴剤

北海道限定のローカル入浴剤が売られている。試しに1つ買ってみた。「養老牛温泉 シマフクロウの湯」を手に取った。養老牛温泉そのものはそう遠くないところにあるのに、一度も行ったことがない。秋のうちに行ってみようかと思う。 早速自宅の風呂に湯を張って、この入浴剤を入れてみた。はじめ赤茶色になり、溶けきると黄金色のようになった。赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「足の湯」(2)

歩き疲れるほど歩いていなかったものの、20cmほど張られた湯に足を浸すと、 足全体がリラックスしてくる感触がはっきりと感じられました。 ここで10分ほど一休みしてから次の行程の計画を練りました。他にも一人旅と おぼしき高齢の女性や若い人たちも同様に足をひたし、疲れを癒していました。 涼しい時期にまた行きたくなりそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐電(京福電鉄) 嵐山駅 「足の湯」

真夏だというのに嵐山に行ってきました。帰省ついでの日帰り古都巡り。案の定、照りつける 陽射しには勝てず、頻繁に水分補給をすることになりました。 今回初めて挑戦したのが嵐電嵐山駅の「足の湯」。1回150円で、タオル付き。タオルは持っ て帰ることができました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more