「ダビデ裸像に町民から苦情、『下着はかせて』島根県」というニュースについて

で、どんな下着が希望なのかと「ダビデ像 パンツ」で画像検索したら、結果が酷かった。 「ダビデ像のためのパンツデザインコンクール」とかやってみれば町おこしになるかも。芸術的にどういう評価が下るかは知らないけど。 あるいは下着メーカー、デザイナーによるコンペティションも。「グンゼvsBVD」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教科書の再利用(?)~阪急六甲駅南側にて~

阪急六甲駅(神戸市灘区)の南側にあった「教科書回収箱」。卒業生が入れていくのだろうか。「有害図書~」というのは見たことがあるが、こういうのは初めて見た。再利用するのか、売って利益を何かに使うのか。僕は本は捨てられないタイプなので、これに入れるタイミングはいつなのか考えてしまう。「後から使いそうだから取っておこう」と思うのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年に生誕200年、生誕100年を迎える人々

今年は2013年である。「何を当たり前のことを」と思うかも知れないが、1970年代生まれの自分には遠い未来のはずだった時代に生きている。生きているというのは続けることなのだと思うようになった。生き続けて今の自分がいる。今年もどうか家内安全、無病息災でありますように。 さて、何かと「生誕○年」と特集される傾向にあるのが100年区切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人式の挨拶で橋下大阪市長が体罰問題についてコメント

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0114/jj_130114_3312357515.html 体罰の末、生徒が自殺したというのは痛ましく、繰り返してはならないことである。重大な問題だというのは誰もが知っている。しかし、成人式は新成人の門出を祝い、励ます式典である。体罰事件のことについて語りたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと前まで雪が当たり前の北海道東部(根室管内)に住んでいたわけで・・・

(2010年・道東(たぶん標津町)にて) 冬だから雪は普通に積もっていて、4月になると春になり始める。 そんな北海道に12年間住んでいた。雪が無くて寂しいこともあったが、結局は雪が降って大変なことが多かったように思う。静かに、美しいこともあった。時に厳しく、時に優しく。それが北海道。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文部科学省:学校の週6日制導入を検討」(毎日新聞の記事より)

http://mainichi.jp/select/news/20130113k0000m040077000c.html 「学校週5日制」の実施で土曜日は塾だけでなくスポーツクラブやお稽古事など様々な活動をする時間がうまれた。それによって新たな産業が生まれ、子供に絵画や図画工作などを教える教室を開いた、とある芸術大学出身の友人がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年元日 今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年はほぼ音楽日誌とたまに写真貼り付けぐらいになってしまいましたが、今年もこのブログを続けていきたいと思っています。 ずっと突っ走るのではなく、故郷神戸の碇山のように、ところどころで碇を下ろしながらも前に進むような1年で有りたいものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜見た夢

 昨夜から今朝にかけて、前回はいつだったか記憶にないぐらいの爆睡をした。 1本目は完全に熟睡。夢も見ずに夜の11時ぐらいから朝8時まで眠った。一度起き上がろうとしたが、睡魔に襲われて二度寝。  2本目。神戸の山麓にあるような長い坂を歩いて下ろうとして、U字カーブを右に曲がった。最後の大きな坂は広く、見渡しもいい。この坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年にお亡くなりになった方々の中から。

数多くの名前を知った方々が亡くなりました。身近さでいうと中村勘三郎丈、小島貞博調教師、ダーレ・オーエン選手、マイク・ベルナルド、ホイットニー・ヒューストン、小沢昭一さん、牧野エミさん、米長邦雄会長の死がショックでした。米長さんというと、将棋好きだった僕がまず名前を覚えたプロ棋士の一人でした。(もう一人は谷川浩司名人) 丸谷才一さんの本か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八雲神社(栃木県足利市)全焼、というニュース

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20121209-1057660.html 八雲神社(栃木県足利市)全焼のニュースに心が痛みます。森高千里さんの名曲は『渡良瀬橋』は永遠に残りますが、建物は消失してしまいました。日本全国、この歌を愛する人にとっては「心の中の風景、神…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有馬温泉土産の入浴剤

大切な友人から有馬温泉土産の入浴剤をいただいた。夏はシャワーで済ませる日も多いが、今日は自宅にいたので浴槽に湯を張って、温泉の素を入れた。有馬温泉の「金泉」と「銀泉」の2種類があるが、今日は「銀泉」を入れてみた。かすかに白濁する程度でほぼ無色に近い水の色である。「金泉」の方は明らかにそれとわかる色をしている。 風呂から上がって10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「婚活」と「生活」

友人が「婚活」をしている。婚活とは言うまでもないが、結婚するための能動的活動である。今は小休止しているようだが、春先は婚活の話をよく聞いた。「君もやってみたらどうだ?」と彼は言う。 その時はひとまず遠慮しておいた。こちらは生きるための能動的行動、すなわち「生活」で精一杯なのだ。婚活より生活。まずは健康的な日々を送ろう。それが先だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東遊園地(神戸市)周辺の高層建築

毎年ルミナリエのメイン会場になっている東遊園地といえば、昔から神戸っ子の憩いの場である。しばらく行かない間に三ノ宮駅南東側からこのあたりまで高層建築が多くなっている。景観論争をしても仕方ないが、神戸は海からも山からも景色が美しい街である。街の中も美しくあってほしい。一般論として。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぢさゐ

紫陽花を至る所で見かける季節である。湿り気が増して、気温も上がる。西日本に住む者としては、それは慣れ親しんだことのはずなのに、さわやかな北海道を思い出してしまう。春が過ぎ、梅雨になって今年もすでに数々の花を見た。今年はあとどれくらいの花を見ることができるだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市立博物館前

ここ最近、三宮周辺の高層建築に驚かされる。JR三ノ宮駅の東側や、磯上通のあたり、そしてこの市立博物館~東遊園地あたりに商業ビルや高層住宅が林立するようになった。ランドマークだった貿易センタービル(なんと、僕と同い年だ)や、市役所の庁舎さえ見えなくなった。これは時代の移り変わりだから悲しむことではないのかもしれないけども、守るべき景観は守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂からあがって、プールを思い出す。

風呂から上がってしばらく扇風機(直径20cm)で涼んだのち、ベッドに倒れ込む。うつ伏せで腕を前に出して力を抜く。小学校の時の水泳教室で最初に習った「浮く」姿勢だ。ベッドをプールに見立ててしばらく浮くイメージで力を抜く。 小学校から高校、大学までとにかく運動系の科目は苦手だった。大学でも一般教養科目の中にスポーツがあった。そんな中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何もしなかった日曜日

先週末からの体調低下をリセットする必要もあって、今日はずっと自宅で静養。静養というには落ち着かなかった。腹痛と戦いながらであったが、頭痛が無い分、ずいぶんマシである。天気予報では雨マークだったのに、外を見れば晴れている。外に出た方がよかったかな。 あと5時間半で月曜日だ。まずは今夜、しっかり眠って態勢を整えよう。 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光はある。

どうにもこうにも気分がふさぎ込んでしまった日に、僕は母校の大学を訪れた。駐車場から学生会館、学食、図書館、駅前の広場、書店。懐かしさを求めに行ったのではなく、そこに身を置くことで普段とは異なる思考回路が作動するのではないかと思ったからだ。事実、その辺りの空気、風の匂い、図書館の少し乾いた空気は僕にきっかけを作った。たとえるなら、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ひこうき雲

夕焼けの色と昼間の青が混ざり合った空にひこうき雲が1本。 このひこうき雲を作った飛行機に知り合いが乗っているような気がして、しばらく空を眺めていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花を撮影しているときは無心になる。ただひたすらに、写真に切り取ることを考える。ある意味で無我の境地に近くなる。今年は花を多く撮ろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more