三宮・三ノ宮・さんのみや・Sannomiya(兵庫県神戸市)

画像


 「神戸の表玄関はどこか?」と尋ねられればほとんどの人が「三宮」と答えるだろう。神戸市役所があるのも、神戸で一番の繁華街があるのも、JR・阪急・阪神の駅で最も乗降客が多いのは三宮駅である。と、ここまで書いたところでお気づきの方もいるかもしれない。
 実は、JRに「三宮駅」は無い。あるのは「三ノ宮駅」なのだ。阪急と阪神は「神戸三宮駅」であるが神戸人は普通に「阪急三宮駅」「阪神三宮駅」と呼ぶ。「神戸」は余計だ。

 思いつくままに「三宮」と「三ノ宮」をまとめてみた。

(三宮)
三宮神社(中央区にある神社で地名の由来)
三宮町(中央区、その周辺の町名)
三宮(上記町名を含む地域名)
神戸三宮駅(阪急電車、阪神電車)
三宮駅(ポートライナー)
三宮駅(神戸市営地下鉄西神山手線)
三宮・花時計前(神戸市営地下鉄海岸線)      など

(三ノ宮)
三ノ宮駅(JR)
神戸三ノ宮バスターミナル(神姫バス)
・・・

 数の上ではどう考えても「ノ」が入らない「三宮」の圧勝なのである。
 ではどうしてJRと神姫バスは「三ノ宮」表記を守っているのだろうか。国鉄時代から表記が残っているからと思われるが平成になってから同じ兵庫県内のJR西ノ宮駅は「西宮駅」になった。JRと神姫バス以外ではほとんど見ることが無い「三ノ宮」。「三宮」にしてしまえばいいのに、と子どもの頃からずっと思ってきた。
 それを聞いたある友人が面白いことを言った。「『三ノ宮駅』と書いていればJRの駅だとわかる」というのだ。なるほど。「三宮駅」はいくつかあるが、「三ノ宮駅」は1つしかない。そういう考え方もあったか、と膝を打った。
 それならば阪急と阪神が「三宮駅」に「神戸」を冠したのもわか・・・らない。まず神戸人が「神戸三宮駅」と言うことは無い。ふつうに「阪急三宮」「阪神三宮」だ。それで間違えようがない。遠方から来た人に神戸の玄関口であることを示すというのなら、西から来る人にとって高速神戸駅はどう写るだろうか。一体何のための改名かいまいちよくわからない。
 阪急電車の場合、京都の終点の駅は「京都河原町駅」ではなくて「河原町駅」のままだ。そして、大阪の大ターミナル駅は「梅田」駅であって「大阪梅田駅」ではない。阪神電車は東は「梅田駅」と「大阪難波」駅。やはり梅田に「大阪」はつかない。いったい誰が、何故「神戸三宮」なる奇妙な駅名を考え出したのだろうか。


(阪急電車)
http://www.hankyu.co.jp/
(阪神電車)
http://rail.hanshin.co.jp/
(神戸市営地下鉄)
http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/transport/subway/
(JR西日本)
https://www.westjr.co.jp/
(神姫バス)
http://www.shinkibus.co.jp/

"三宮・三ノ宮・さんのみや・Sannomiya(兵庫県神戸市)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント