天満天神繁昌亭2011年4月30日昼席

画像


「GWはどこに遊びに行こう?」と考えたときに、真っ先に思いついたのは天満天神繁昌亭に行き、落語を聴くことだった。繁昌亭のホームページで昼席の出演者を確認したら、4月30日の昼席に目が止まった。トリが桂小春團治、中トリが桂きん枝、そして一度聴いてみたかった桂吉坊に雰囲気が大好きな桂米平も出るという。これはチケットを押さえねば、と早速行動に移したところ、幸いチケットが取れた。しかし、決断が遅かったらチケットは取れなかっただろう。行ってみたら大入り満員だったのだ。

笑福亭生寿「つる」・・・・「せいじゅ」さんだったのですね。「しょうじゅ」と読んでました。すみません。「る」でいっしょに力が入った。
桂吉坊「商売根問」・・・・上手いなぁ、と思った。情景が目に浮かぶ。また聴きたい落語家その1。
桂米平「天狗裁き」・・・・米平さんの演じるおかみさんと御奉行が好きです。
林家そめすけ「ものまね」・・・そっくりでした。
桂三扇「僕たちヒローキッズ(桂三枝・作)」・・・僕も栄養ドリンク飲んでた小学生時代・・・。
桂きん枝「親子酒」・・・きん枝さんの初めて生で落語を聴いたが、しっとりと落ち着いた雰囲気で非常によかった。息子がムカつくキャラクターなのもいい。また聴きたいと思った。
(仲入)
寒空はだか「漫談」・・・「♪東京タワー~」 演者自ら言うように、頭から離れへん。
笑福亭仁福「手水廻し」・・・自分も飲んでる気分になりました。お腹いっぱいです。
桂三象「宿題(桂三枝・作)」・・・恥ずかしながら、ようやくつるかめ算を理解できた感じ。
桂小春團治「猿後家」・・・・あのマクラが本筋に繋がっていることにあとから気がついた。調子のいい男のキャラクターがじわじわと伝わってきて、話に引き込まれた。そしてDVDを買ってしまった。完全に引き込まれた。


帰り際、噺家さんが客をお見送り。さっきまで檜舞台で演じていた方々を間近に見られて、いつもながら感激する。「面白かったです」。言わんでもええかもしれないが、言わずにおれない天満天神繁昌亭昼席なのでした。

画像


画像

"天満天神繁昌亭2011年4月30日昼席" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント