旧JR標津線廃線跡探訪「中標津駅」

9月に、中標津駅跡に行ってきた。中標津町は根室管内の中・北部の中心地であり、人口も多く、近隣の町の人々も訪れるような商業施設も整っている。また、町内には根室中標津空港もあり、道内各地や羽田空港との間に定期便が飛んでいる。

中標津駅跡はきれいに整備され、一見どこに駅があったのかわからなかったが、他の駅跡でも見たような表示がここにもあった。
画像

画像

画像

画像


駅跡地はバスターミナルになっていて、公共交通の要所となっている。
画像

画像

画像

画像


広大な芝生の向こうには町立図書館やホールなどが入る複合文化施設がある。
画像


旧駅前通り。
画像

画像

画像


「中標津町交通センター」(バスターミナルにある建物)の中には資料室がある。問い合わせたところ、中を見学させていただいた。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


この2枚の賞状は北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)から昭和62年度(1987年度)の「増収キャンペーン」で優れた成績を残したことを表彰したものである。それから間もない時期に標津線全線が廃止になったことから、状況の厳しさを感じる。
画像


旧中標津駅周辺はこのように整備されている。
画像


"旧JR標津線廃線跡探訪「中標津駅」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント