1月が終わった。

月の半ばから風邪を引いて、2月1日の今日もまだ引いている。
内科に行った。耳鼻科にも行った。でも治らない。
部屋を暖かくして、いつもより長く眠ったのに治らない。

でもさっき市販の風邪薬を飲んだら急に頭痛やら鼻水やら鼻づまり
やら腹痛やらがおさまった。市販薬が一番効いたというのは偶然なのか
一時的なものなのか。

なんだったんだこの風邪の日々は。風邪は時間どろぼうだ。

でもいろいろ辛かった1月が終わった。
January is over. It will never come back.
I feel the joy of welcoming February.

いろいろあって辛いんだけど、感覚を鈍磨させる必要もあるのかな。
人生いろいろ。僕はうろうろしている。

自分に何ができるのだろう。
これからの人生で可能なことは何だ?
わからなくなってきた。
また迷い始めた。

いろいろあったけど、「人生捨てたもんじゃないな」と思う瞬間もあった。
「人生はどうしてこんなに辛いのか」と思う時もあった。
思い詰めたこともあった。

1月の31日間のうち、15日間ぐらいしんどくて、10日間ぐらいとても辛くて、
楽しかったのが5日間で、街を歩いていて何故か涙があふれてきたのが2日間。

その涙は悲しみの涙ではなくて、自分でも説明がつかない涙だった。
どちらも寒い日だった。手袋で涙をぬぐった。涙を流すと気分は上向いた。
「まだやれるかもしれない」「まだ前に進めるかもしれない」と。
頭の中ではLouis Armstrongの"What A Wonderful World"が流れていた。
ちょうどあんな感じだ。

幸せはそこに小さな石のように転がっているのだろうか。
それに気づいていないのか、それを拾い上げられないでいるのか。

ただ一つ言える。
「1月は終わった。」と。

この記事へのコメント

yo
2015年02月02日 02:33
こころもからだもお大事に。昨年亡くなったコメディアンのジョウン・リヴァーズは幸せの秘訣は何ですかと聞かれて、「自分を常に忙しくしていること」と言っていました。時間があったら、ボランティア活動みたいなのをやって見てはどうですか?
2015年02月02日 20:41
ありがとう。余裕ができたらやってみます。ボランティア活動には興味があります。

この記事へのトラックバック