友人Tの言葉

学生時代からの友人Tがネットでこんなことばをくれた。

「まだ40年あるやん」

平均寿命から考えたらまだ40年はあるね。彼はこの言葉を肯定的に使った。
僕も肯定的に受け取った。まだ何があるかわからないではないか。

鬱々としていたが、友達からの励ましは本当に有難い。
今夜もさっさと眠って、明日を迎えるよ。

状態は少しずつ良くなっていくだろう。
上がったり下がったりを繰り返しながら。

そう期待している。
気分が落ち込んだ時の対処法を考えたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yo
2014年06月10日 05:46
僕の場合、日本のテレビ番組をネットで観るとなんとなく気分が良くなります。なんででしょうね。ほんまにしょーもないのも大分あるのにね。どんなことがあっても、やっぱり故郷がある、ということに安心するからなのかな。
2014年06月10日 15:43
どうしてもどうしても気分が良くならないときがあります。そういてときは「病気がそう考えさせているんだ」と思い込ませて、気持ちを逃がしています。「悪い方へ悪い方へ考えてしまう病気」と考えて、とにかくしんどくなったら横になります。これを書いている現在は大丈夫ですが、さっきはちょっとしんどかったです。とにかく、状態を良くして逃げ切ろう。

この記事へのトラックバック