神戸市バスの「阪神前」バス停が消えてなくなってしまう! そのままでいいじゃないか!!!

神戸市バスの「阪神前」バス停が消えてなくなってしまう!



神戸市バスのサイトによると、こうある。

>>平成26年4月1日(火)より「阪神前」バス停を「平成26年4月1日(火)より「阪神前」バス停を「三宮センター街東口」に名称変更いたします。」に名称変更いたします。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/transport/bus/img/hanshinmae.html



慣れ親しんだ3文字でシンプルな「阪神前」のバス停が「三宮センター街東口」という9文字の長ったらしい名前になってしまう。先日の阪急電車の「三宮」→「神戸三宮」への改名もそうだが、「駅名・停留所名の文字数を増やせば情報量が多くなってサービス向上につながる」と勘違いしている交通関係の偉い人が多すぎないか? 文字数の無駄、逆に地元住民にはサービス低下である。

駅名や地名はその鉄道・バス会社などの所有物では無い。長い時間かけて利用者が作り上げてきた文化の一端である。地名や駅名に関する認識が甘いと言わざるを得ない。駅名・停留所名は単なる記号ではない。便利さのみが追及されるべきものでもない。

そもそも、南行きの、そごう新館前のバス停を「センター街の東口にある」と認識できる利用者はどれだけいるだろうか?


画像



画像

(↑もう改称後のことを先取りして作っている表示。)

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック