光はある。

画像


どうにもこうにも気分がふさぎ込んでしまった日に、僕は母校の大学を訪れた。駐車場から学生会館、学食、図書館、駅前の広場、書店。懐かしさを求めに行ったのではなく、そこに身を置くことで普段とは異なる思考回路が作動するのではないかと思ったからだ。事実、その辺りの空気、風の匂い、図書館の少し乾いた空気は僕にきっかけを作った。たとえるなら、通勤・通学の時にルートや降りる駅を変えてみるような気分転換。学食のカレーは、やはり学食のカレーだった。

「学び続けることを忘れるな。英語は常に磨いておけ。」

高校時代の恩師の言葉だが、肝に銘じ直した。純粋に、自分が好きな方面へのアンテナは張っておく。

光はある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yo
2012年06月18日 03:06
気分転換のようなものは本当に必要ですよね。誰でも、毎日毎週おなじことの繰り返しでは、生きていても生きていないような気持ちになってくるのではないかと思います。

この記事へのトラックバック