先日見た夢の話

 僕は寄席に来ていた。しかし、その日は前売り券を買っておらず、当日券目当てに行ってみたのだけれど、当日券も完売していた。仕方無く、別の日を探そうと番組表のパンフレットを貰って別の日を探そうとしていた。しかし、チケット売り場で迷っているうちに時間が過ぎた。

 場面はいきなり変わって、落語家の打ち上げの席に何故か僕もいる。落語家とはいえ打ち上げならば普段着を着ているはずだが何故か高座に上がるような着物である。僕の他はみんな落語家っぽい。某有名なベテラン落語家にそっくりな人に、中堅で面白い話をする落語家らしき人がいて、あとの若手2人は知らない。何故かそこに僕がいる。鍋料理のようなものを囲んでいる。僕はその落語家のうちの一人にこんな質問をした。
 「『刻うどん』を聴いた後はうどんを食べたくなるのですが、他に食べ物が出て来る話にはどんなものがありますか?」
 落語家たちは、「そうやねぇ・・・」と話を始めたところで夢は終わった。

 目覚めた後でいくつか落語を思い出したのだけど、夢の中の落語家は何と答えようとしたのか。ちょっと気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック