喫煙ルーム(大阪)

画像


僕は非喫煙者で、まったく吸ったことは無いしこれからも吸わないでしょうが、こうして分煙が進むことはいいと思います。

この記事へのコメント

yo
2011年05月23日 03:35
喫煙率があれほど高かった日本もこれ程進みましたか。これも国際化の流れの一環なんでしょうか。

ちょっと気になるのが、Smoker's Satellite (喫煙者の衛星)という表現。感覚的には分かるけど、通じる英語なんかな? 他の英語圏はともかく、最低アメリカではそういう表現はないように思う。昔じゃないんだし、和製英語をじゃんじゃん作り出すのはもうやめにしたらいいのにね。
2011年05月24日 19:11
最近は喫煙者の方が少数派ではないでしょうか。僕は全く吸わない非喫煙者をこのまま貫いていくでしょう。

和製英語だとしたら、実際の英語ではどう言うんでしょうね。
そもそもこんな施設が無いのかもしれませんが。
2011年05月26日 19:37
なるほど。ありがとう。

この記事へのトラックバック