天満天神繁昌亭2011年5月1日朝席「枝さんの朝から落語会」

昼過ぎから人に会う約束があって、それまでの時間は本当は京都の河原町界隈をぶらつこうと思っていた。しかし、天気予報は雨。すぐさま予定を切り替えた。2日連続で落語。しかも9時40分開場、10時開演の朝席である。物好きここに極まれり。まさに落語世界の住人のようである。

朝席のタイトルは「枝さんの朝から落語会」。桂枝三郎さんと若手2人が白熱した噺を繰り広げた。枝三郎さんが言ったように他の2人は「シュッとした顔」の男前である。活きのいい噺がきけてよかったと思う。朝から繁昌亭に行った甲斐があったというもの。



月亭八斗「動物園」・・・・・・「池田は~ん!」の声がええ感じ。虎のステップもなるほど、と思った。
桂枝三郎「所帯喧嘩」・・・・・・落語のしぐさのレクチャー(誰に向かって?)あり、落語の基本の勉強あり。とても勉強になった。うどんは底が抜けたらあかんですね。僕は落語を演じるわけではないけども、そういうリアリティーの追求もあるんやなぁと思って感心しました。
笑福亭智之介「おごろもち盗人」・・・・・・「おごろもち」という言葉を初めて知る。盗人が憎めない。テンポがいいので、聴いていて楽しい。また聴きたい噺家。
桂枝三郎「鷺とり」・・・・・・江戸っ子雀がいいんでい! は、さておき、天王寺さんの上から見たらああいうことになるんかいな~と思いながら想像していました。今年もお参りしたなぁ。




朝席のファンは昼席に比べてコアな感じがする。朝から落語を聴いて笑うのも健康に良さそうである。なんか朝席の虜になりそうだが、自宅から行くとなると朝5時起きは覚悟しないといけない。今回は宿を取っていたので行けたが、それが問題だ。しかし、朝席は朝席で面白い。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック