小説を読むのが止まらない。

先ほどは小説を書くことについて書いたが、今度は読む方だ。久し振りに読書のスイッチが入ってしまったようで、眠気もあるのに短編小説集を読み進めている。ミステリのアンソロジー『Play』(講談社文庫)だが、面白い。既に3作読んだ。まだまだ読み進めたいが、これから先の時間は脳の活動が低下する。それと半分意識が飛んだ状態の読書もまた面白い。読書でアドレナリンが分泌されることもあるのかもしれないが、まさに今はそういう状態だ。メタフィクション的に言うなら、そういう状態の自分を観察する自分も面白い。

もう夜中の1時半近い。面白くて止められない読書を、もう少し楽しんでみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック