阪神淡路大震災から16年

午前5時46分、神戸の方向を向いて黙祷した。

あれから16年。震度6の地帯に住んでいた僕も年齢を重ねている。しかしあの日、あの朝のことは昨日のことのように記憶に蘇る。忘れようにも忘れられない、いや、決して忘れてはいけない日である。

今日は時々、故郷兵庫、神戸のことを考えていた。眠るまで考えて想うことだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック