コップの中に水が半分入っている

「まだ水が半分もある」と考えるか「もう水が半分しかない」と考えるか、人は様々だと言います。しかし、緊急事態ならばともかく、平時にはその二者択一でいいのでしょうか。前から疑問だったのです。


(1)残りの水のことはとりあえず考えない。

どこかで補給すればいいし、緊急用にペットボトルの2リットル容器のミネラルウォーターがまだ6本もあるじゃないか! 探せばあるものだ。砂漠の真ん中でもあるまいし、何とかなる。どこか公共施設で当面の水だって補給できるだろう。なんとかなる。


(2)とりあえず水のことは考えない。

水のことで「もう半分?」「まだ半分?」と考えているうちに時間は過ぎていく。時間は有限だ。悩みながら、とりあえず他のことをやっておこう。

将棋でも攻め手ばかり考えているとヘボ将棋なので守りがボロボロになるのである。


(3)水じゃなくてもいいじゃないか。

実際には緊急時にはミネラルウォーターとスポーツドリンクが1本ずつあればいいと思うが、平時には水じゃなくてもいいじゃないか。お茶でいい。


「水半分」の問題は、まだまだ奥が深いのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック