変な夢ばかり見る

悪夢というか意味不明の夢2題

昨夜から今朝にかけて、2本の悪夢を見た。眠りが浅いときにはそんなものだが、内容が意味不明な上に苦しかった。

(プロローグ)
1回目の眠り。いきなり、自分のうめき声で目がさめる。何にうめいていたかは不明だが、とにかく苦しかったようだ。

(1本目)
天災でも何でもないのだろうが、やたら大きなものを運ぶ引っ越しを手伝っている。クレーンでつり上げたり、大人数で運んだりしている。誰の、どこの引っ越しかはよくわからない。

僕は何故か、火のついた巨大なろうそくを渡された。お寺の本堂にでもあるようなやつよりもっと大きい。「火がついたままでは危ない」と消そうとするが吹いても吹いても消えない。近くに水たまりがあったので、そこに突っ込んだがそれでも消えない。「どうしたものか」と考えているうちに夢は終わる。

(2本目)
雪の降っている日。僕は自分の車を運転している。雪は積もっているが、スタッドレスタイヤなのでなんてことのない坂道だ。すると、「乗せてください」と次々と見知らぬ人が後部座席に乗ってくる。こうなると、僕の車は坂を登るのに苦労する。やっとのことで坂を登り切ったとき、次々と後ろから降りてくる。そのうちの若い男が僕に「少ないけど、これ取っといてよ」と硬貨のようなものを手渡す。よく見ればビールのキャップだ。これで何をどうしろと? そこで夢は終わる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yo
2010年05月09日 22:33
どれもなんか意味ありげですね。
2010年05月10日 19:51
まったくもって意味不明なので、深く考えないことにしました。ただ、うめき声で目がさめたのは少なからずショックです。

この記事へのトラックバック