北海道標茶町シラルトロ沼を照らす夕陽

ほぼ全面氷結したシラルトロ沼の風景です。しばし、沈んでいく夕陽を眺めていました。
画像


湖面はほぼ全面的に氷結しており、一見したところ平原のようにも見えますが、やはり湖沼であることがわかります。
画像

画像


厳しさの中にある冬の美しさ。北海道に住んで10年以上になりますが、冬には冬の魅力があるとわかってきたような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2010年01月31日 12:38
標津にこんなに大きな沼があったのですね(@_@。
夕日が幻想的で素敵です。
2010年01月31日 12:41
雪原のかなたに沈んでいく夕陽は綺麗で、言葉を飲み込んでしまいます。

そうそう、この沼は「標茶町」にありまして、根室海峡に面する「標津町」ではないんです。標津も綺麗な風景を眺められる場所は多いですよ。
2010年02月01日 08:54
 ぼちぼち亭さん 始めまして。突然のコメントで恐縮です。大変綺麗な写真でしたので、つい何かコメントしたくなりました。お許し下さい。
 私のパソコンのCPUは1.50GHzですので画面のすコロールが遅いのです。かなり大きな容量の写真をUPされているようですね。
 では、また宜しく。失礼しました。
2010年02月01日 18:51
大きな画像で、自分のPCでさえ重たいです。

これからも写真ブログを続けていきますのでよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック