桂吉弥「くしゃみ講釈」を聴く

故・桂吉朝師は今なおその死が惜しい落語家であるが、吉朝一門も頑張っている。その中で、「天満天神繁昌亭」でのライブ録音を収録したシリーズに収録されている桂吉弥の「くしゃみ講釈」を聴いた。

講釈師(講談師)に一泡吹かせてやろうとする二人の男の話である。例によって片方は、底抜けのアホである。しかしそれはほとんどの落語についていえるが、愛すべきアホなのである。吉弥はこのアホを何とかコントロールしようとする男の描写が上手かった。そして、講釈も引き込まれる。やはり、生で聴きたい噺家である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック