映画「2001年宇宙の旅」を思い出したら、考えは思いもよらぬ方向へ

映画『2001年宇宙の旅』を子どもの頃に初めて見たときは衝撃を受けたものでした。「未来はこんな風になるのだろうか」と。『2010年』という映画もありましたね。今年の話ですか。今年の宇宙と言えば現在国際宇宙ステーションに滞在中の若田飛行士の活躍も気になります。

ところで昔、有名な『御教訓カレンダー』に

   「ホーキング府中を語る ~来日の想い出~」

という脱力感300%以上のネタがありました。覚えている人も多いでしょう。今でも東京競馬場に関するものに触れたらこのネタを思い出します。全国各地の「府中」についても言うことができます。



これには応用が利きまして、「宇宙」と名の付くものを「府中」に変えてみることができます。

府中戦艦ヤマト         ♪さらば府中よー 旅立ーつ 船はー♪
国際府中ステーション     府中駅が国際駅に。
めぐりあい府中         ガンダムがずっと身近なものに。

逆に「府中」を「宇宙」に変えてみるとぐっとスケールが大きくなります。

「宇宙の直線は長いぞ!」(長いでしょうな。)
「宇宙牝馬ステークス」(銀河系牝馬限定)
「宇宙の大欅」(SF小説のタイトルになりそうです。)

あれこれしょうもないことを書きましたが、夜空を眺めるのにいい季節です。寒いけど、澄み切った北海道の空気がいっそう澄んでいます。あれこれ考えようとするも、「宇宙の広さに比べれば自分の悩みなどどうでもいいことだ」と思えてそそくさと家に帰ります。
画像


画像


何か宇宙に関する映画を見たいな、と思ったものの昨夜見たのはモンティ・パイソンでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年01月24日 04:01
来訪、コメント、気持ち玉に感謝です!!
笑福亭一門....を載せた者です。
あなたのジャンルの幅広さに感心しました。
世代は違えど、また共感しあえることがあると思います。ちなみに拓郎の“明日に向かって走れ”は、今も私の応援歌です。

この記事へのトラックバック