ひとつ

 「ひとつ」という言葉を使うとき、「1個、一段階」のように数の意味で使うことと、「ちょっと、ひとまず」のように副詞的に使われることがある。有名なキャンディーズの『春一番』にはこういう歌詞がある。

別れ話をしたのは去年のことでしたね
ひとつ大人になって忘れませんか

 僕はこの「ひとつ」をずっと後者の意味でとらえていた。「ここはひとつ、大人になってみませんか」と。しかし先日ラジオからこの歌が流れてきたのを聴いて、これは前者の「一段階」の意味の方がしっくり来るな、と考え直したのである。思い込みとは恐ろしいもので、一度考えるとそうとしか思えなくなるのである。

 当地北海道の春はまだ2ヶ月も先のこと。部屋の中だけは暖かくしていよう。春一番はまだまだ遠い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック