神戸市立博物館に行ってきた。

正月に、神戸市立博物館に行ってきた。開館以来、よく行く博物館なのだが今回訪れたのは閉館まであと1時間半というところ。時間が足りない。今回の目当ては特別展示の川西英の「兵庫百景」を中心とした展示。川西英といえば、神戸を拠点に神戸や兵庫の絵を多く残した版画家というところまでは知っていたがこうしてまとまった形で見るのは初めてだった。
画像

画像

画像

「神戸百景」という画集も売られていたので、書店(ポスターの貼ってある海文堂書店)で購入。僕が生まれる前の景色なのに、どれも懐かしく感じる。特に、市電が走っている街はすべて生まれる前なのに心に入ってくる。今の神戸の街に路面電車が走っていたらさらに素敵な街になるのではないだろうか。路面電車が走る街はどれも凛とした雰囲気があるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック