札幌駅南口

画像
札幌に行って札幌駅周辺を歩いていると東西南北の方向感覚を失うことがある。ランドマークを頼りにようやく自分がどの方向を歩いているのか、車を運転しているのか確認する。札幌駅周辺は「北○条西○条」と将棋の「2二銀」のような呼び方をする。これも僕を混乱させる原因の一つである。駅周辺は南口も「北○条」である。歩いて数分の大通公園を境にして南北が分かれるそうだ。

京都のように「烏丸三条」「四条河原町」のような呼び方はわかりにくいようで実は分かりやすい表記法なのではないかと、札幌を歩いていて思うようになった。JR京都駅から見て五山の方向が北とわかりやすい。これも慣れなのだろう。

函館は方位を誤りやすい。函館山と横津岳と海のおかげで目的地への方向を間違うことは以前から無かった。でも他の北海道の都市のように幹線道路が直線的な部分が少ない。北に向かっているはずの方向の正面に日が沈んでいくのを見ることもあった。

我が愛車には以前も今も印刷媒体のカーナビゲーションシステムを2冊搭載している。地図は大好きで読むのも好きだが、このシステムは運転中にいちいちうるさい指示はしてくれない代わりに、頭の中で地図を表示する楽しみを与えてくれるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あーさみん
2005年10月18日 20:57
こんばんは。
私はよく迷います。地図を見ても迷います。
何度同じ場所へ行っても迷います。
札幌でも迷いました。なぜ迷うのかは未だに解明されていません。
いつか一人で自信満々に目的地に向かいたいと思っています。

この記事へのトラックバック